愛子さまはいつ摂食障害だったの?激ヤセ&激太りの原因や克服のきっかけは?写真とともに徹底検証!

愛子さま摂食障害アイキャッチ

実は愛子さまが摂食障害であったといわれていることを知っていますか?

2021年12月1日に成年皇族の仲間入りを果たし、とても素敵なお姿を見せられた愛子さま。

そんな愛子さまにも辛い日々がありました。

この記事では愛子さまの激ヤセ&激太りを写真とともに紹介!

摂食障害というツライ病気についても触れます。

愛子さまの体型変化を見ながら摂食障害についても理解を深めましょう!

「私、太っているしダイエットしようかな…」

と考えている人!!

この記事を見て正しいダイエットをしてくれることを願います。

スポンサーリンク

愛子さまが激ヤセしていたのはいつ?

愛子さまが「激ヤセした!!」と話題になったのは、2016年12月1日、愛子さま15歳のお誕生日の時でした。

愛子さま激ヤセ写真

次の写真は話題となった愛子さま15歳の時の写真です。

猫を抱く、15歳のお誕生日を迎えた愛子さまのアップ写真
2016年12月1日(当時15歳)の愛子さま

顔の輪郭がシュッとしていますが、頬がこけて、体の厚みもかなり薄くなっていることがわかります。

”痩せて美しい”というよりは”痩せこけて不健康”に見えますよね…。

愛子さまが当時公務に出られることは多くなく、このお誕生日の時の写真で久しぶりにその姿を見たときは多くの人が驚いていました。

それまでの、ほっぺたがぷっくりとしている愛子さまを覚えている人なら驚くのも無理はありません。

ちなみに次の写真は2014年12月1日(当時13歳)に撮影された愛子さまの写真です。

愛子さま13歳のお誕生日の時のアップ写真
2014年12月1日(当時13歳)の愛子さま

15歳の時の写真と比較するとやはり、顔はふっくらと血色もよく健康的に見えますよね。

スポンサーリンク

愛子さま激ヤセの理由は?

愛子さまが激ヤセした原因は色々囁かれていますが…

  • 摂食障害(拒食症)
  • 機能性胃腸症(過敏性腸症候群・クローン病・潰瘍性大腸炎など)

のどちらかではないかと言われています。

どちらも思春期に起こりやすい病気で、原因不明なことも多い病気です。

当時の記事には愛子さまの体調についてこのように記されています。

愛子さまは、昨年から今年2月ぐらいにかけて「ふらつき」や「胃腸障害」「めまい」などの症状が続き、度々、学校を欠席されていた。

文春オンライン

しかし、愛子さまは激ヤセから約半年という”短期間で”、激太りをしてしまったため、「じつは摂食障害なのでは?」と心配の声が上がっていました。

https://twitter.com/39milknyan_oxo/status/1013338071129976832

スポンサーリンク

愛子さまが激太りしていたのはいつ?

15歳前後で激ヤセしてしまった愛子さま。

半年くらいでなんと激太りしてしまいました!

「愛子さまが激太りした!」と言われていた時の写真がこちら。

2017年8月にJR那須塩原駅に到着された時の当時皇太子皇后両陛下と愛子さまのお手振り写真
2017年8月(当時15歳)の愛子さま

「激ヤセ‼」と報じられた、2016年12月(15歳)から8ヶ月後の2017年8月(同じく15歳)の愛子さまです。

激ヤセの面影が感じられないほどふっくらとされていますね!

15歳らしい姿に安心した人もいる一方、8ヶ月という短期間で体型が元に戻ったため、「摂食障害なのでは?」と新たな疑惑が生まれてしまいました。

愛子さまは摂食障害に?どうやって克服したの?

愛子さまは摂食障害であったと言われています。

今では激ヤセと激太りを繰り返している様子もありません。

一体、どのようにして克服していったのでしょうか?

愛子さまは摂食障害だった?

激ヤセ・激太りと短期間で大きな変化のあった愛子さまですが、宮内庁よりはっきりと「摂食障害である」とは公表されていません。

あくまで「胃腸の不調である」とのことでした。

しかし、見識のある人や摂食障害経験者は口を揃えて「愛子さまは摂食障害である」と考えています。

「あまりにも劇的に体型が変化しすぎているように感じられます。(中略)

約1年2ヶ月の間にここまで上下動があるのは、愛子さまが拒食と過食を順に繰り返したからではないかと危惧せずにはいられません。つまり、愛子さまは体型が元に戻ったのではなく、過食による体重増加の途上なのではないか、という不安が募るのです」

俗にいう「拒食症」と「過食症」は摂食障害という一本の軸の、違う状態にすぎず、しばしば交互に出現する。ベスリクリニック院長で心療内科医の田中伸明氏が解説する。

NEWSポストセブン

「短期間で」「激ヤセ」と「激太り」を「繰り返す」というのが摂食障害のキーワードであると田中氏は言っていますね。

スポンサーリンク

愛子さまはどうやって摂食障害を克服した?

幸い、愛子さまの激ヤセ&激太りは一度きりでおさまりました。

一体どのようにして克服したのでしょうか?

愛子さまの食生活がもとに戻った大きなきっかけは、今年初めの近親者による言葉だったという。

「もういいんじゃない。あまり痩せすぎると却って不健康に見える」

という親しさからの遠慮のないアドバイスだった。

(中略)

そうして、愛子さまは意識的に食事の量を増やしていかれたそうだ。カロリーの少ないものや食べやすいものだけに偏らず、低カロリー高タンパクな品目を中心に栄養バランスを考えたメニューに変えていったという。

YAHOO!ニュース

愛子さまが摂食障害を克服したきっかけは親しい人からの愛のあるアドバイスだったんですね!

愛子さまの周りにしっかりと言葉をかけてくれる人がいてよかった…。

また、2004年に自身が適応障害であることを公表した、雅子さまも食が細い愛子さまを心配していました。

「(中略)ようやく今年になって、大好きなスパゲッティを全部召し上がるようになったそうですが、それを見た雅子さまが大喜びされて『食べられたじゃない』『凄い!』と励まされたといいます。」

YAHOO!ニュース

雅子さまもまた温かく見守り、励ましの声をかけられていたんですね。

雅子さまの寄り添いによって、食も徐々に元に戻り、愛子さまは学校へ登校できるようになりました。

そして、愛子さまが食事を変えたことで、元のふっくらした健康なお姿に戻られましたのでした。

そもそも摂食障害ってなに?

思春期に多い病気の一つである「摂食障害」

食に関連した異常行動を起こしたり、体重や体型に対する偏った捉え方をし、心身ともに影響が及ぶ病気を摂食障害と言います。

愛子さまにもあった、拒食と過食が主に知られているタイプです。

原因は色々ありますが、

  • 無理なダイエット
  • 両親の別居や離婚などの家庭環境によるストレス
  • 職場や学校の環境や人間関係などからくるストレス
  • 日常の生活の中で受ける強いストレス

などが挙げられます。(たわらクリニックHPより引用)

摂食障害になると以下のような症状が出ます。(たわらクリニックHPより引用)

  • 食べたあとトイレで吐く
  • 嫌なことがあると、過食してしまう
  • 食べ物のことが頭から離れず勉強や仕事が手に付かない
  • 食べだすと止まらない
  • 一人分の食事量がわからない
  • 吐きだこがある
  • 他人を見ると自分よりも細いかどうかばかり気になる
  • 周囲からヤセていると言われているのに自分では太いと思ってしまう
  • 食べ終わった後に罪悪感を感じる
  • 太ることに対して恐怖心が襲ってくる
  • 炭水化物の食事を避けようとしている
  • 身体の病気は特に思い当たることがないのに急激にヤセてきた
  • 食べ物のカロリーのことばかり気になる
  • 体が食事を拒絶してしまう
  • 食べた後に何故かいつも嘔吐したくなる

もし摂食障害の症状が出ていたら、心療内科にかかったり、心理士によるカウンセリングを受けて病気を克服していきます。

もし家族や身近な人に「もしかしたら…?」と思う人がいたら、そっと声をかけたり、サポートしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

愛子さまの現在の健康状態は?

2021年12月には成年となり、美しく聡明な姿を見せた愛子さま。

激太りから徐々に体型が落ち着き、以来、健康状態について報道されることはなくなりました。

したに、愛子さまの変化を時系列で写真でまとめてみました!

愛子さま誕生日写真13歳から16歳まで
愛子さま13歳から16歳まで(2014年から2017年)

愛子さま誕生日写真17歳から20歳まで
愛子さま17歳から20歳まで(2018年から2021年)

健康で美しく聡明な女性になり、とても輝いていますね!

Twitterでも20歳を迎えられた愛子さまに祝福のメッセージがありました!

https://twitter.com/0916_hon/status/1465705178561228800

愛子さまが激ヤセ&激太りしたのはいつ?徹底検証!まとめ

愛子さまが激ヤセ&激太りした写真をみてから、成年になった姿を見ると感慨深いですね!

ツライこともあったと思われますが、成長された愛子さまの美しい姿をみて心が浄化されます…。

この記事を見て摂食障害に心当たりのある人もいるかもしれません。

愛子さまの写真を見て、心に引っかかるものを感じた人は、一人で抱えずに周りに話してみてくださいね。

健康が一番!

正しいダイエットをしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。