【問合せました!】スタバ低・無脂肪ミルクとソイラテ&カプチーノ糖質量をご紹介

スタバは今や万人に人気のお手軽カフェですよね。

お友達とちょっとお茶という場合にも使えますし
お食事後のくつろぎにも使えてとっても便利で
入りやすくて長居もしやすい大人気のカフェです。

スタバのビバレッジと呼ばれるドリンク類の
エネルギーが何キロカロリーなのかは
公式サイトでも公開されています。

しかしいながらエネルギー以外の栄養成分に
関しては公開されていません。

ダイエット中で糖質制限をしていると言った方。

血糖値が高めと指摘されて気をつけている方。

そんな方にも美味しく糖質量を考慮して
スタバれるように問合せてみました。

今回はスタバラテ&カプチーノについて普通乳と
低脂肪乳、無脂肪乳、ソイ(豆乳)に置き換えた場合に
ついてもホットとアイスと共にまとめてみました。

ムースフォームラテやティーラテ
その他甘いラテ&フラペチーノについて

糖質量を知りたい方はこちらを御覧ください。

スタバフードや一般的食べ物とともに
比較しながらご紹介していきましょう。

尚、炭水化物とは糖質+食物繊維を示します。

食物繊維は血糖値を緩やかに上昇させる良い働きがあります。

これからは糖質量を炭水化物量として表示していきます。

Contents

スポンサーリンク

スターバックスラテの中で最も糖質が低いドリンク

結論から言うと

ラテの中で最も糖質量が低いのはソイ(豆乳)で
作ったソイラテ・アイスになります。

反対に炭水化物量(糖質+食物繊維)が
多いのは無脂肪牛乳で作った
スターバックスラテ・ホットになります。

エネルギーが低いほうが血糖値は上がりにくいとか
エネルギーが低い方がダイエットには効果的
と思いがちです。

実際のところは炭水化物量(糖質+食物繊維)が
多いほうが血糖値は上がり
ダイエット効果も減少します。

エネルギーと炭水化物量(糖質+食物繊維)は
比例しません。

ラテをカスタマイズして
どのミルクにするか考える際の
参考にして頂くために
具体的な数字を比較検討してみましょう。

スターバックスラテ・ホット(乳脂肪3.6の普通牛乳使用)の炭水化物量(糖質+食物繊維)

スタバの最もスタンダード商品のラテ。

特にカスタマイズを指定しなければ乳脂肪3.6の普通牛乳
(西武乳業)で作られます。

カップサイズによって液量がことなり
牛乳量も変わるので糖質量も異なります。

 

 

ショートサイズとトールサイズの糖質量

    ショートサイズ(240ml)炭水化物量 11.2g
    トールサイズ(350ml) 炭水化物量 16.5g

こんな数字だけを言われてもわかりませんよね。

もう少し数字が比較できるように
他の食べ物と比べてみましょう。

 

スターバックスラテをスティックシュガーに置き換える

細い3g入のスティックシュガーが主流です。

そのスティックシュガーに置き換えると

    • ショートサイズ(240ml)スティックシュガー約3.7本分
    • トールサイズ(350ml) スティックシュガー約5.5本分

に相当します。

スターバックスラテには砂糖は使われておらず
この糖質量は普通牛乳の炭水化物量(糖質+食物繊維)です。

 

スターバックスラテをスターバックスフードと置き換えてみると

たとえば、スタバフードを例に置き換えてみましょう。

ラップサンドは炭水化物として薄いラップ生地が使われているので
炭水化物量(糖質+食物繊維)が低めのフードになります。

根菜ラップサンド 炭水化物量(糖質+食物繊維) 26.0g

ショートサイズのラテと比較すると0.43個分の
根菜ラップサンドを食べたときと同じ糖質量になります。

トールサイズのラテと比較すると0.63個分の
根菜ラップサンドを食べたときと同じと質量になります。

一般的な商品と置き換えてみましょう。

スターバックスラテをハーゲンダッツアイスクリームと置き換えてみると

ハーゲンダッツのバニラアイスクリームの
ミニカップ120ml入と置き換えてみます。

ハーゲンダッツのバニラアイスクリームの
炭水化物量(糖質+食物繊維)21.6g

ショートサイズのラテと比べるとハーゲンダッツバニラアイスを
0.51個分食べたのと同じことになります。

トールサイズのラテと比べるとハーゲンダッツバニラアイスを
0.63個分食べたのと同じことになります。

 

スターバックスラテ・アイス(乳脂肪3.6の普通牛乳使用)の炭水化物量(糖質+食物繊維)

スターバックスラテのアイスのドリンクでは
牛乳を泡立ないので使用する牛乳量がホットと異なります。

もちろん氷が入るので薄まってしまいます。

ショートサイズとトールサイズの糖質量

    ショートサイズ(240ml)炭水化物量 8.0g
    トールサイズ(350ml) 炭水化物量 9.5g

ホットと比較すると牛乳の使用量が少なくなる
ため炭水化物量(糖質+食物繊維)も異なります。

スターバックスラテをスティックシュガーに置き換える

細い3g入のスティックシュガーに置き換えると

    トールサイズ(350ml) スティックシュガー約3.1本分
    ショートサイズ(240ml)スティックシュガー約2.6本分

に相当します。

 

スターバックスラテをスターバックスフードと置き換えてみると

根菜ラップサンドと置き換えると

ショートサイズのラテと比較すると0.3個分の
根菜ラップサンドを食べたときと同じ糖質量になります。

トールサイズのラテと比較すると0.37個分の
根菜ラップサンドを食べたときと同じと質量になります。

 

スターバックスラテをハーゲンダッツアイスと置き換えてみると

ショートサイズのラテと比べるとハーゲンダッツバニラアイスを
0.37個分食べたのと同じことになります。

トールサイズのラテと比べるとハーゲンダッツバニラアイスを
0.41個分食べたのと同じことになります。

スターバックスラテ・ホット(低脂肪牛乳使用)の炭水化物量(糖質+食物繊維)

スターバックスの低脂肪乳は無脂肪牛乳と
普通牛乳を混ぜて使われています。

またサイズによってエスプレッソのショット数が
異なっています。

ですから比例的に同じ割合でかわるわけではありません。

低脂肪乳の変更した場合の炭水化物量(糖質+食物繊維)は
スターバックス側でも算出していませんでした。

エネルギー量から算出しています。

ショートサイズとトールサイズの糖質量

    ショートサイズ(240ml)炭水化物量 11.9g
    トールサイズ(350ml) 炭水化物量 17.6g

普通牛乳のホット場合と比べると
ショートサイズで106%程度炭水化物量(糖質+食物繊維)になり
少し炭水化物量(糖質+食物繊維)が増えてしまいます。

トールサイズでも同様に106%程度の
炭水化物量(糖質+食物繊維)になり
ほんの少し炭水化物量(糖質+食物繊維)が増えてしまいます。

これは普通牛乳より低脂肪牛乳の方が
炭水化物(糖質+食物繊維)を
多く含まれているからです。

低脂肪牛乳は脂肪を減らしているので
炭水化物量(糖質+食物繊維)が増えています。

 

スターバックスラテ・アイス(低脂肪牛乳使用)の炭水化物量(糖質+食物繊維)

普通牛乳を使用した場合と同様に
スターバックスラテのアイスのドリンクでは
牛乳を泡立ないので使用する牛乳量がホットと異なります。

また氷が入るので牛乳の使用量が少なくなります。

 

ショートサイズとトールサイズの糖質量

    ショートサイズ(240ml)炭水化物量 8.5g
    トールサイズ(350ml) 炭水化物量 10.1g

普通牛乳のアイス場合と比べると
ショートサイズ・トールサイズ共に
106%程度炭水化物量(糖質+食物繊維)になり
少し炭水化物量(糖質+食物繊維)が増えてしまいます。

これは普通牛乳より低脂肪牛乳の方が
炭水化物(糖質+食物繊維)を
多く含んでいます。

 

 

スポンサーリンク

スターバックスラテ・ホット(無脂肪牛乳使用)の炭水化物量(糖質+食物繊維)

無脂肪牛乳についてはタカナシ乳業の牛乳を使っています。

乳飲料に分類され、脱脂粉乳から作られています。

無脂肪牛乳は脂肪が減る代わりに
炭水化物量(糖質+食物繊維)が増えます。

無脂肪牛乳は普通牛乳よりも泡立ちは悪くなります。

そういった点からも使われる牛乳量は変化します。

 

ショートサイズとトールサイズの糖質量

    ショートサイズ(240ml)炭水化物量 12.6g
    トールサイズ(350ml) 炭水化物量 18.8g

普通牛乳のホット場合と比べると
ショートサイズで1113%程度の
炭水化物量(糖質+食物繊維)になり無脂肪牛乳の方が
炭水化物量(糖質+食物繊維)は増えることになります。

トールサイズでも114%程度の
炭水化物量(糖質+食物繊維)になり無脂肪牛乳の方が
炭水化物量(糖質+食物繊維)が増えることになります。

低脂肪牛乳と無脂肪牛乳を比べても
ショートサイズで106%程度
トールサイズで107%程度の
炭水化物量(糖質+食物繊維)になり無脂肪牛乳の方が
炭水化物量(糖質+食物繊維)が多いことがわかります。

これは無脂肪牛乳の炭水化物量(糖質+食物繊維)が
無脂肪 > 低脂肪 > 普通牛乳といった
順番に多いためです。

 

スターバックスラテ・アイス(無脂肪牛乳使用)の炭水化物量(糖質+食物繊維)

普通牛乳を使用した場合と同様に
スターバックスラテのアイスのドリンクでは
牛乳を泡立ないので使用する牛乳量がホットと異なります。

また氷が入るので牛乳の使用量が少なくなります。

無脂肪乳の変更した場合の炭水化物量(糖質+食物繊維)は
スターバックス側でも算出していませんでした。

ショートサイズとトールサイズの糖質量

    ショートサイズ(240ml)炭水化物量 9.0g
    トールサイズ(350ml) 炭水化物量 10.7g

普通牛乳のアイスラテと比較すると
無脂肪牛乳の方が113%程度の炭水化物量(糖質+食物繊維)となり
普通牛乳より炭水化物量(糖質+食物繊維)は増加します。

低脂肪牛乳のアイスラテと比較すると
無脂肪牛乳の方が106%低脂肪牛乳より
炭水化物量(糖質+食物繊維)が多い事がわかります。

トールサイズでも同様でした。

 

スターバックスソイラテ・ホット(豆乳使用)の炭水化物量(糖質+食物繊維)

ソイ(豆乳)は大豆から出来ているので
炭水化物量(糖質+食物繊維)は減少します。

代わりにタンパク質量が上がります。

    ショートサイズ(240ml)炭水化物量 7.0g
    トールサイズ(350ml) 炭水化物量 10.1g

普通牛乳のホット場合と比べると
ショートサイズで63%程度
炭水化物量(糖質+食物繊維)になり
炭水化物量(糖質+食物繊維)を減らすことが出来ます。

トールサイズで61%程度の
炭水化物量(糖質+食物繊維)になり
炭水化物量(糖質+食物繊維)を減らすことになります。

 

 

スターバックスソイラテ・アイス(豆乳使用)の炭水化物量

スターバックスラテのアイスのドリンクでは
豆乳を泡立ないので使用する豆乳量がホットと異なります。

氷が入るので豆乳の使用量が少なくなります。

ショートサイズとトールサイズの糖質量

    ショートサイズ(240ml)炭水化物量 8.0g
    トールサイズ(350ml) 炭水化物量 9.5g

普通牛乳のアイス場合と比べると
ショートサイズで64%程度
炭水化物量(糖質+食物繊維)になり
炭水化物量(糖質+食物繊維)を減らすことが出来ます。

トールサイズで63%程度の
炭水化物量(糖質+食物繊維)になり
炭水化物量(糖質+食物繊維)を減らすことになります。

 

エネルギー・タンパク質・炭水化物(糖質+食物繊維)一覧表

エネルギー・タンパク質・炭水化物(糖質+食物繊維)を一覧表にしてみました。

ショートサイズ

  エネルギー
Kcal
炭水化物
g
タンパク質
g
脂質
g
ラテ・ホット(普通牛乳) 146 11.2 7.3
ラテ・アイス(普通牛乳) 101 8.0 5.1 5.5
ラテ・ホット(低脂肪牛乳) 114 11.9 8.0 4.1
ラテ・アイス(低脂肪牛乳) 79 8.5 5.6 2.8
ラテ・ホット(無脂肪牛乳) 81 12.6 8.6 0.1
ラテ・アイス(無脂肪牛乳) 57 9.0 6.0 0.2
ソイラテ・ホット 141 7 8.8 8.8
ソイラテ・アイス 98 5.1 6.1 6.1

 

トールサイズ

  エネルギー
Kcal
炭水化物
g
タンパク質
g
脂質
g
ラテ・ホット(普通牛乳) 219 16.5 10.9 12.2
ラテ・アイス(普通牛乳) 123 9.5 6.2 6.7
ラテ・ホット(低脂肪牛乳) 170 17.6 11.9 6.3
ラテ・アイス(低脂肪牛乳) 96 10.1 6.8 3.4
ラテ・ホット(無脂肪牛乳) 129 18.8 13.0 0.3
ラテ・アイス(無脂肪牛乳) 68 10.7 7.3 0.2
ソイラテ・ホット 212 10.1 13.2 13.4
ソイラテ・アイス 119 6.0 7.4 7.4

スターバックスカプチーノの中で最も糖質が低いドリンク

結論から言うと

カプチーノの中で最も糖質量が低いのは豆乳で
作ったソイカプチーノになります。

反対に炭水化物量(糖質+食物繊維)が
多いのは無脂肪牛乳で
作ったカプチーノになります。

エネルギーが低い方が血糖値は上がりにくいとか
エネルギーが低い方がダイエットには効果的
と思いがちです。

実際のところは糖質量が多いほうが
血糖値は上がり、ダイエット効果も減弱します。

エネルギー量と炭水化物量(糖質+食物繊維)は
比例しません。

泡が好き

カプチーノをカスタマイズして
どのミルクにするか考える際の
参考にして頂くために具体的な
数字を比較検討してみましょう。

 

 

スターバックスカプチーノ(乳脂肪3.6の普通牛乳使用)の炭水化物量(糖質+食物繊維)

スターバックスの中でも人気商品のカプチーノ。

ふんわり泡がなんとも言えない味わいを引き立てます。

特にカスタマイズを指定しなければ乳脂肪3.6の普通牛乳
(西武乳業)で作られます。

カップサイズによって液量がことなり
牛乳量も変わるので糖質量も異なります。

 

ショートサイズとトールサイズの糖質量

    ショートサイズ(240ml)炭水化物量 6.2g
    トールサイズ(350ml) 炭水化物量 8.8g

こんな数字だけを言われてもわかりませんよね。

もう少し数字が比較できるように
他の食べ物と比べてみましょう。

 

カプチーノをスティックシュガーに置き換える

細い3g入のスティックシュガーが主流です。

そのスティックシュガーに置き換えると

    • ショートサイズ(240ml)スティックシュガー約2.1本分

 

    • トールサイズ(350ml) スティックシュガー約2.9本分

 

に相当します。

カプチーノには砂糖は使われておらず
この糖質量は普通牛乳の
炭水化物量(糖質+食物繊維)です。

 

カプチーノをスターバックスフードと置き換えてみると

たとえば、スターバックスフードを例に置き換えてみましょう。

ラップサンドは主食の炭水化物として薄いラップ生地が
使われているので炭水化物量(糖質+食物繊維)が
低めのフードになります。

根菜ラップサンド 炭水化物量(糖質+食物繊維)26.0g

ショートサイズのカプチーノと比較すると0.24個分の
根菜ラップサンドを食べたときと同じ糖質量になります。

トールサイズのカプチーノと比較すると0.34個分の
根菜ラップサンドを食べたときと同じと質量になります。

一般的な商品と置き換えてみましょう。

 

カプチーノをハーゲンダッツアイスクリームと置き換えてみると

ハーゲンダッツのバニラアイスクリームの
ミニカップ120ml入と置き換えてみます。

ハーゲンダッツのバニラアイスクリームの
炭水化物量(糖質+食物繊維)は21.6g

ショートサイズのラテと比べるとハーゲンダッツバニラアイスを
0.29個分食べたのと同じことになります。

トールサイズのラテと比べるとハーゲンダッツバニラアイスを
0.41個分食べたのと同じことになります。

 

スターバックスカプチーノ(低脂肪牛乳使用)の炭水化物量(糖質+食物繊維)

スターバックスの低脂肪乳は無脂肪牛乳と
普通牛乳を混ぜて使われています。

またサイズによってエスプレッソのショット数が
異なっています。

ですから比例的に同じ割合で変化するわけではありません。

低脂肪乳の変更した場合の炭水化物量(糖質+食物繊維)は
スターバックス側でも算出していませんでした。

エネルギー量から算出しています。

 

ショートサイズとトールサイズの糖質量

    ショートサイズ(240ml)炭水化物量 6.6g
    トールサイズ(350ml) 炭水化物量 9.4g

普通牛乳の場合と比べると
ショートサイズで106%程度の
炭水化物量(糖質+食物繊維)になり
炭水化物量(糖質+食物繊維)が増えます。

トールサイズで107%程度の
炭水化物量(糖質+食物繊維)になり
炭水化物量(糖質+食物繊維)が増えます。

これは普通牛乳より低脂肪牛乳の方が
炭水化物量(糖質+食物繊維)が多いためです。

 

スポンサーリンク

 

スターバックスカプチーノ(無脂肪牛乳使用)の炭水化物量(糖質+食物繊維)

無脂肪牛乳についてはタカナシ乳業の牛乳を使っています。

乳飲料に分類され脱脂粉乳から作られています。

無脂肪牛乳は脂肪が減る代わりに
炭水化物量(糖質+食物繊維)が増えます。

無脂肪牛乳は普通牛乳よりも泡立ちは悪くなります。

そういった点からも使われる牛乳量は変化します。

 

ショートサイズとトールサイズの糖質量

    ショートサイズ(240ml)炭水化物量 6.9g
    トールサイズ(350ml) 炭水化物量 9.9g

普通牛乳の場合と比べると
ショートサイズで113%程度
炭水化物量(糖質+食物繊維)になり
無脂肪牛乳の方が炭水化物量(糖質+食物繊維)は
増えることになります。

トールサイズでも112%程度の
炭水化物量(糖質+食物繊維)になり
無脂肪牛乳の方が炭水化物量が
増えることになります。

低脂肪牛乳の場合と比べると
ショートサイズ・トールサイズ共に
105%となり無脂肪牛乳のほうが
炭水化物量(糖質+食物繊維)が
多いことがわかります。

これは無脂肪牛乳に含まれる
炭水化物量(糖質+食物繊維)が
普通牛乳より多いためです。

 

スターバックスソイカプチーノ(豆乳使用)の炭水化物量(糖質+食物繊維)

ソイ(豆乳)は大豆から出来ているので
炭水化物量(糖質+食物繊維)は減少します。

代わりにタンパク質量が上がります。

    ショートサイズ(240ml)炭水化物量 7.0g
    トールサイズ(350ml) 炭水化物量 10.1g

普通牛乳のホット場合と比べると
ショートサイズで63%程度
炭水化物量(糖質+食物繊維)になり
炭水化物量を減らすことが出来ます。

トールサイズで61%程度の
炭水化物量(糖質+食物繊維)になり
炭水化物量を減らすことになります。

 

エネルギー・タンパク質・炭水化物(糖質+食物繊維)一覧表

エネルギー・タンパク質・炭水化物(糖質+食物繊維)を一覧表にしてみました。

 

ショートサイズ

  エネルギー
Kcal
炭水化物
g
タンパク質
g
脂質
g
カプチーノ
(普通牛乳)
76 6.2 3.8 4.0
カプチーノ
(低脂肪牛乳)
59 6.6 4.1 2.1
カプチーノ
(無脂肪牛乳)
43 6.9 4.5 0.1
カプチーノ
ソイ(豆乳)
73 4.2 5.0 2.8

 

トールサイズ

  エネルギー
Kcal
炭水化物
g
タンパク質
g
脂質
g
カプチーノ
(普通牛乳)
113 8.8 5.7 6.1
カプチーノ
(低脂肪牛乳)
88 9.4 6.2 3.1
カプチーノ
(無脂肪牛乳)
63 9.9 6.7 0.2
カプチーノ
ソイ(豆乳)
103 5.3 4.9 6.3

 

スターバックスラテの中で最も糖質が低い豆乳カスタマイズがオススメ

カプチーノの中で最もタンパク質量が
低いのはソイ(豆乳)で作った
ソイカプチーノになります。

反対に炭水化物量(糖質+食物繊維)が
多いのは無脂肪牛乳で
作ったカプチーノになります。

エネルギーが低いほうが血糖値は上がりにくいとか
エネルギーが低い方がダイエットには効果的
と思いがちです。

実際のところは糖質が多いほうが
血糖値は上がりダイエット効果も減少します。

冒頭にお話したように
エネルギーと炭水化物量(糖質+食物繊維)は
比例しません。

カプチーノをカスタマイズして
どのミルクにするか考える際の
参考にしてみてください。

尚、チョコレートシロップや
キャラメルシロップなどを
追加すると砂糖が含まれるので
当然のことながら炭水化物量は増加
しますのでご注意ください。

糖質に影響しない
カスタマイズの追加は
エスプレッソショットの追加や
ホイップクリームの追加です。

ホイップクリームについては
脂肪とエネルギーが増えますが
炭水化物量(糖質+食物繊維)は
ほぼ変わりません。

スターバックスのホイップクリームは
ほとんど砂糖は入っておらず
0.6gの炭水化物量(糖質+食物繊維)です。

スターバックスラテの中で最も糖質が低いソイ(豆乳)のカスタマイズがオススメ

ラテの中で最もタンパク質量が低いのはソイ(豆乳)で
作ったソイラテ・アイスになります。

ついでホットのソイラテが
炭水化物(糖質+食物繊維)の低い
ドリンクとなります。

反対に炭水化物量(糖質+食物繊維)が
多いのは無脂肪牛乳で作った
スターバックスラテ・ホットになります。

ホットとアイスではアイスの方が
炭水化物量(糖質+食物繊維)は
少なくなります。

エネルギーが低いほうが血糖値は上がりにくいとか
エネルギーが低い方がダイエットには効果的
と思いがちです。

実際のところは糖質量が
多いほうが血糖値は上がり、ダイエット効果も減少します。

冒頭にお話したように
エネルギーと炭水化物量(糖質+食物繊維)は比例しません。

ラテをカスタマイズして
どのミルクにするか考える際の
参考にしてみてください。

尚、チョコレートシロップや
キャラメルシロップなどを
追加すると砂糖が含まれるので
当然のことながら糖質量は増加
しますのでご注意ください。

糖質量に影響しない
カスタマイズの追加は
エスプレッソショットの追加や
ホイップクリームの追加です。

ホイップクリームについては
脂肪とエネルギーが増えますが
炭水化物量(糖質+食物繊維)は
ほぼ変わりません。

スターバックスのホイップクリームは
ほとんど砂糖は入っておらず
0.6gの炭水化物量(糖質+食物繊維)です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です