羽生結弦が世界選手権2021で不調だったのはなぜ?喘息が原因ってホント?不調の理由を徹底調査!

2021年3月27日、スウェーデンのストックホルムで、フィギュアスケートの世界選手権、男子シングルのフリーが無観客で行われました。

羽生結弦選手は日本を代表する選手ですからもちろん出場していたのですが、演技前に喘息の発作を起こしていたと言われています。

本当なのでしょうか?

世界選手権の結果と合わせてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

羽生結弦が世界選手権2021で不調だった理由は喘息?

結論から言うと、リーの演技当日、羽生選手は喘息の発作のため体調が優れなかったようです。

広く知られることとなったきっかけはロシアの大会ボランティアのSNS。

試合後に、

羽生がフリーの前に喘息の発作を起こして、ロシアのチームドクターに助けを求めた。

といった内容が投稿されたのです。

その後、ロシアのスポーツメディアにより、

羽生は喘息の発作を抱えていた。

と報じられ、日本のメディアも羽生選手に取材することになりました。

その取材に対して、

喘息の発作自体はフリーの後にちょっと感じたかなというふうに思うんですけど。でも、終わってみたらちょっと苦しかったなと思うくらいで、特にまあ会場入りが遅くなった理由とかではない。

羽生選手のインタビューより

喘息の発作があったことを羽生選手本人が認めたものの、不調であった理由ではないと説明しました。

スポンサーリンク

羽生結弦が世界選手権2021で不調だった理由 その他

(Photo by Linnea Rheborg/Getty Images)

では、喘息以外にも不調の原因はあったのでしょうか。

今回の結果についてフィギュアスケート解説者佐野稔さんが、

SPの演技がよかっただけに期待されましたが、フリーではあまり体が動いていませんでした。チェン選手が4回転ジャンプを5本入れ、あまりに完璧な演技をしてきたので、ひとつのミスも許されないというプレッシャーもあったのかもしれません。

佐野稔さんの解説より

と語った通り、極度の緊張も不調だった理由の一つかもしれません。

加えてコロナ下での開催。

誰もいない観客席、マスク姿の関係者…いつもとは違う会場の雰囲気がプレッシャーに拍車をかけたことは想像に難くありません。

とは言え、羽生選手はオリンピックで2大会連続金メダルを獲得した人物です。

不調の原因がプレッシャーだけとは考えにくい…。

「ちょっと苦しかったぐらい」と伝えていますが、相当苦しかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

羽生結弦は世界選手権2021不調に見えた? SNSの声

放送をみて応援していたファンからは、羽生選手がどのように見えていたのでしょうか?

フリーの演技当日、SNS上ではどんな声があったのか、その内容を見てみたいと思います。

https://twitter.com/XwYjXvp6M1SNPNe/status/1375809606245511168?s=20

体調が優れない様子が視聴者に伝わるほどたっだのですね。

確かにリンクに現れた際の表情は、優れているとは言えませんでした。

いつも試合では前髪を立たせるなどかっこよくセットされているので、セットがなかったことを不思議に思うファンの方も多かったようです。

普段はジャージで行われるウォームアップも、急いだように衣装のまま。

喘息は会場入りが遅れた原因ではないと説明していましたが、いつも試合の1時間前にはウォームアップエリアにいるのに、その日の到着は10分前。

直前まで、控室で休んでいたと考えるのが自然ですね。

羽生結弦の世界選手権2021での結果は?

(ゲッティ=共同)

前半のショートプログラムの結果と合わせた総合順位は、1位がアメリカのネイサン・チェン選手、2位は初出場の鍵山優真選手。

羽生結弦選手はそれに次いだ3位です。

ショートプログラムでは1位を取っていたので、悔しい結果となってしまいましたね。

後半のフリーだけの結果は4位でした。

フリーについては、羽生選手自身も試合を振り返って、

全部波にうまく乗れていなかったですね、全体として上手くいってないんですけれど、大きな転倒だったりとか、自分の中では点数を取りたい出来栄えの中では全く点数をとれていなかったですね。

フリー直後のインタビューより

と語っており、万全の態勢でなかったことがうかがえます。

ロシアのメディアが報道したため喘息の発作があったことを認めましたが、フリー直後のインタビューではそのことを口に出していませんね。

2015年、GPシリーズのカナダ大会でも、喘息の発作が出ていたのではないかと言われています。

この時のインタビューでも試合内容についての反省が多く、喘息や体調不良については語りませんでした。

羽生結弦が世界選手権2021不調だったのはなぜ? まとめ

羽生選手をよく知る人関係者によると、彼は言い訳をしない人なので今回も聞かれなかったら喘息のことは話さなかったのではないか、とのこと。

そんな人物がちょっと苦しかったと認めたということは、やはり相当苦しかったのですね。

体調不良でも言い訳せずに戦った羽生選手は本当にかっこいいですね。

試合後のインタビューでは反省だけでなく、

正直悔しいですね、でも収穫もある試合だったと自分の中では思っています。

フリー後のインタビューより

と前向きな言葉も見られ、来シーズンに向けてしっかり練習したい、4回転アクセルについては体をケアしながら自分を進化させていきたい、と来シーズンに向けての抱負も語ってくれています。

2022年は北京オリンピックも控えていますので、今後も羽生結弦選手の活躍に期待したいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です