フィギュアスケート鍵山優真の父の手には病気の後遺症?レジェンドな父正和の凄さに注目!

フィギュアスケート鍵山優真の父の手には病気の後遺症?レジェンドな父正和の凄さに注目!

今大注目の17歳!

フィギュアスケート男子の鍵山優真選手

SNS上では、「かわいい」という声もよく目にします。

実力、人気とともに今ノリに乗っている選手と言えるでしょう!

そんな彼は、コーチを務める父とよく一緒にいる姿を見かけますね。

実は彼の父親は元フィギュアスケート選手なんです!

鍵山優真選手の父はどんな成績を残しているの?

父親は病気ってほんと?

コーチであり親子でもある2人の関係性やエピソードは?

など、鍵山優真選手の父と、2人の関係についてまとめます。

https://twitter.com/aconfettio/status/1342805480490450945

スポンサーリンク

鍵山優真の父は病気で後遺症が残っている?

鍵山優真選手の父、正和さんは病気を患い、その後遺症が残っているとみられます。

それは、よく鍵山優真選手と一緒に映っているときの左手を見るとわかりやすいと思います。

出典:https://surfer-dog.com/

よく見ると、左手は握ったままですね。

他の写真を見ても握ったままです。

出典:https://miniborder.com/

また、正和さんは杖を持っています

この2つのことから、左半身が麻痺していると思われます。

脳梗塞などの病気を患い、その後遺症が残っているのではないでしょうか?

また、鍵山優真選手が2019年の大会に出場したとき、アナウンスで父正和さんについて話す場面がありました。

父正和さんは2018年は体調不良により会場に来ていなかったと話していたので、その頃に闘病していたと考えられますね。

現在では、病気を乗り越え、またコーチとして優真選手とともに活動しています。

スポンサーリンク

鍵山優真の父はレジェンド!その成績とは?

鍵山優真選手の父、正和さんは、かつてフィギュアスケート選手でした。

出典:https://hama-burari.com/

過去に2度のオリンピック出場も果たしています!

1992年のアルベールビルオリンピックでは13位、その2年後、1994年のリレハンメルオリンピックでは12位という成績を残しています!

12位と13位ですが、当時の日本ではこれはトップの成績なんです!

日本の男子スケート界を牽引してきた1人といえますね!

また、その他にも多数の入賞歴があります。

  • 1987・1988年 全日本ジュニア選手権で優勝!
  • 1988年 世界ジュニア選手権で3位
  • 1990〜1993年 全日本選手権で3連覇!
  • 1994年 世界選手権で6位入賞

これをみると、どれだけ素晴らしい選手だったかわかりますね!

しかし、引退はとても早く、1994年の世界選手権6位入賞を最後に、引退しています

当時23歳でしたから、まだまだ現役を続けられる年齢ですね。

ちなみに羽生結弦選手は現在26歳なので、鍵山優真選手の父はかなり早い引退だったことがよくわかります。

それから2005年まで、プロとして活動していました。

その後はフィギュアスケートの指導者として、フィギュアスケートに関わり続けています。

現在は息子である優真選手のコーチをつとめていますね。

鍵山優真の父がコーチ

鍵山優真選手のコーチは、実の父である正和さんが務めています。

鍵山優真選手がスケートを始めたきっかけも父正和さんの影響でした。

父親の職場についていって、滑っているうちに楽しくなって、5歳の時から本格的に習い始めました。

引用:dmenuスポーツ

このように優真選手は話していました。

父の姿をみて、自分もフィギュアスケートに関心を持っていったんですね!

そんな親子二人三脚で練習してきた優真選手ですが、親子だからこそ指導に熱が入り過ぎてしまうこともあったと言います。

毎日厳しい練習メニューをこなす優真選手に、正和さんはあえてきついメニューを課すこともありました。

普通なら言えないことも、親子だからこそ言い合える、そんな関係が鍵山優真選手を世界で通用する素晴らしい選手にしたのかもしれませんね!

スポンサーリンク

鍵山優真と父 親子愛エピソード

鍵山優真選手は、ジュニア選手として好成績を残していましたが、2019年まで国内の主要な大会でタイトルをとったことはありませんでした。

そんな中迎えた2019年の全日本ジュニア選手権。

優真選手は非公認ながら世界最高得点を上回る251.01点で初優勝したのです!

点数が発表された瞬間、キスアンドクライで父正和さんは涙をみせました

出典:https://tsuki-review.com/

それまで国内でタイトルがなかった優真選手が、やっと他の選手とかたを並べて戦うことができる、スタートラインに立たせることができたという嬉し涙だったのでしょう

5歳のころから一緒に練習してきた親子だからこそ、いいいい演技をした後の喜びも一緒に分かち合えるのでしょうね!

鍵山優真の父の病気 まとめ

  • 鍵山優真選手の父は脳梗塞などの病気により左半身に麻痺が残っている
  • 鍵山優真選手の父はかつて日本の男子フィギュアスケート界を牽引するスケート選手だった!
  • 現在は鍵山優真選手のコーチとして二人三脚でオリンピック金を目指す。

鍵山優真選手は、まだ17歳ととても若い選手です。

今大注目の若手選手ですから、今後もますます目が離せませんね!

父正和さんとともにオリンピック金メダルを目指して戦う姿に注目していきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です