【嵐】紅白歌合戦2020の出演時間はいつ?活動最後に歌う曲は「カイト」と「SPメドレー」!

【嵐】紅白歌合戦2020の出演時間はいつ?活動最後に歌う曲はスペシャルメドレー?

2020年末に活動休止を発表した

昨年の紅白歌合戦ではトリを飾りましたね!

そして気になるのは、今年の紅白歌合戦!

嵐の出演が発表されましたが、気になることはたくさん!

嵐はいつ出演するの?

歌う曲は?

など、気になる2020年の紅白をまとめます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

紅白歌合戦2020 嵐はいつ歌う?

結論から言うと、9時前、もしくは10時半から11時半の間ではないかといわれています。

では、その理由を説明していきましょう!

9時前に出演予想の理由

今年の年末、嵐はおおいそがし!

大晦日にファンのための生配信ライブをおこないます。

その配信が開始されるのが、午後9時

配信では、ファンとの時間を大切にするために、それまでに紅白の出演を終えるのではないか?と予想されているわけです。

ただ、NHK側のことを考えると、人気の嵐は最後の方までとっておきたいというのが本音でしょう。

10時半から11時半出演予想の理由

この時間帯は、紅白のゴールデンタイムと呼ばれ、高視聴率の鍵をにぎっています。

紅白は、例年視聴率30%台からスタートし、この時間帯にその年の話題のアーティストが多数登場して40%前後を記録します。

そこで、NHK側としては、この時間帯に嵐に出演してもらい、視聴率を確保したい!と考えているわけです。

しかし、この場合、嵐は配信の途中でその会場から中継参加ということになりますね。

ファンの中ではこのような声もあるので、この予想が有力ではないでしょうか?

スポンサーリンク

トリの予想がないのはなぜ?

嵐が今年もトリを務める!という予想がないのが不思議ではありませんか?

それには理由があります。

それは、すでに述べた生配信ライブに影響がでるから。

また、紅白のトリは毎年生出演しているから。

この2つの理由があるからです。

嵐は生配信ライブを23:59までおこなう予定ですので、最後はファンとの時間を過ごすはず!

そういう理由でトリではないといわれています。

また、NHK側の理由として、トリを務めるアーティストはこれまで生出演していたため、中継でしか参加できない嵐はトリではないといわれています。

紅白歌合戦2020 嵐の歌う曲は?

紅白歌合戦2020 嵐の歌う曲

今年の嵐は、「カイト」と、12月15日に発表がありました。

「カイト」は米津玄師さんの作詞・作曲。

2019年の紅白で「NHK2020ソング」としてメドレーと共に披露。

また、12月21日には「カイト」の他に「2020スペシャルメドレー」を歌うことも発表されました。

メドレーの曲目についてはまだ発表されていません。

2009年から2018年までに歌った曲ではメドレーが多かったので、最後となる今年も同じくメドレーとなるのですね!

2009年「A・RA・SHI」「Love so sweet」「Happiness」「Believe」のメドレー
2010年「Troublemaker」「Monster」
2011年「迷宮ラブソング」「果てない空」
2012年「ワイルド アット ハート」「Face Down」のメドレー
2013年「Endless Game」「Breathless」のメドレー
2014年「感謝カンゲキ雨嵐」「GUTS !」のメドレー
2015年「Sakura」「愛を叫べ」のメドレー
2016年「A・RA・SHI」「Happiness」「One Love」のメドレー
2017年「GUTS !」「Doors〜勇気の軌跡〜」のメドレー
2018年「君のうた」「Happiness」のメドレー

これを見ると、すべて複数曲のメドレーとなっています!

その年の最新曲を披露している年もあれば、人気のある定番曲のメドレーもありますね。

今年は、活動休止前の節目ですが、新型コロナウイルスの影響により、様々な自粛がありました。

今年は新型コロナウイルスの世界的大流行により、外出自粛が要請され、多くのイベントや大会が中止や延期に。あたりまえだった私たちの日常が失われてしまいました。

みんなで集まることは難しいけれど、私たちは歌で繋がることができる。

https://www.nhk.or.jp/kouhaku/kite/

そんな集まることの出来ない現状を乗り越えていくためのメッセージとして、「カイト」を歌うという発表があったのです。

じっくり聞き入る事のできる、メッセージ性の高い「カイト」と、最後ということでこれまでの嵐を振り返ることができるようなメドレーになるのですね。

特に、これまで複数回歌っている人気曲、「A・RA・SHI」、「Happiness」、「GUTS!」を聞けることが期待できますね!

紅白歌合戦2020 どんなステージになる?

「カイト」と「スペシャルメドレー」の2つに分けて考えていきたいと思います。

まず、「カイト」については、シンプルなステージになるのではないでしょうか?

去年も豪華な演出はなく、曲のメッセージが心にすっと入ってくるような感じがします。

また、「カイト」に関しては、一般の人の歌唱動画を募集しました。

そのため、その音源をサビの部分で一緒に流して、嵐とともに歌ってもらうのではないでしょうか?

世界中が大変な状況の中、多くの人の歌声を合わせて曲のメッセージに乗せるのは素敵ですよね!

続いて、「スペシャルメドレー」について考えていきます。

「カイト」と続けて歌唱されるのか、別の時間帯で歌唱されるのかはわかりませんが、こちらのメドレーは「カイト」とは一変、最後にふさわしい豪華な演出になることが予想されます。

今年は無観客での開催ということもあり、NHK側としては視聴者の注目の集まるシーンをどのように演出するか協議しているということです。

「カイト」では、おそらく一般の人が参加型になると予想されるので、メドレーではファンのことも考え、嵐5人のみで歌唱すると考えられます。

そして、ステージの演出については、無観客ということを逆に利用し、映像を通して楽しめる演出になるのではないでしょうか?

2011年の紅白で嵐がメドレーを歌った際、チームラボによって映像と一体化したステージの演出がされました。

2020年も映像と一体化して目で見ても楽しめるステージになるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

紅白歌合戦2019では嵐はいつ、何を歌った?

ここまで、2018年までの歌った曲を振り返りましたが、2019年について見てみましょう。

2019年は、嵐は紅白のトリを務めました。

また、23時前に米津玄師さんとコラボした「カイト」も披露しました。

歌ったのは、やはりメドレー

定番曲「A・RA・SHI」と新曲「Turning Up」でした!

2019年は嵐が活動休止を発表後で、注目の中のステージだったと思います。

活動休止まで1年という時間があったため、新曲を披露しましたが、2020年は「カイト」&やはり定番曲でメドレーになるのではないでしょうか?

紅白歌合戦2020 嵐 まとめ

さて、まだ発表されていない部分も多いですが、今年の紅白、嵐の出演時間予想や曲目についてまとめます!

  • 生配信ライブの開始前、午後9時or紅白ゴールデンタイム午後10時半から11時半に出演するのでは?
  • 紅白途中で中継での出演
  • 歌う曲は「カイト」と「スペシャルメドレー」に決定!
  • 2019ではトリで、「A・RA・SHI」、「Turning Up」を歌った

国民的アイドルグループの嵐がしばらく見られなくなるかもしれません!

紅白の出演順や、曲目が決まったらしっかりチェックして見逃さないようにしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です