眞子さまの結婚後の仕事も東大博物館で勤務?気になる給料や仕事内容や仕事環境を詳しくお伝えします!

眞子さま仕事給料

小室圭さんとの結婚問題で、国民の関心を集めている秋篠宮家の長女である眞子さま。

そんな眞子さまはの職業は?給料は?など、どんな生活をしているのか気になりますよね。

実は、、、

眞子さまは皇族でありながら現在東大の博物館で勤務していらっしゃるそうなんです。

さらに年収は1000万円だそうで、その内訳や勤務内容も知りたい!!!

ということで今回は、眞子さまの給料や職場環境などを掘り下げていきたいと思います!!!

スポンサーリンク

眞子さまの仕事は東大博物館の特派員?!?!

眞子さまの勤務地は東京大学総合研究博物館のインターメディアテク(IMT)と呼ばれる機関で、2016年4月から特任研究員として仕事されているそうです。

こちらの機関は、日本郵便株式会社と東京大学総合研究博物館が共同運営をしている公共施設で、丸の内駅から徒歩1分、皇居からは徒歩14分の圏内にあります。

自宅からは専任の運転手によって送迎車で通勤しています。出勤時間は11時の開館に合わせて10:30分ごろですが、コロナの影響でリモートワークも行われたりと不定期になっています。

眞子さまの仕事内容は、執筆・研究活動、展示に関するメンテナンスや整理といったことです。

公式ホームページでは眞子さまが執筆したコラムが紹介されており、眞子さまの仕事内容や精神世界がうかがえます。

ある日、ふと、誰もいないIMTの展示室を歩きたいと思い立ちオフィスを出た。その時のことを書いてみようと思う。最初に足を踏み入れたのはCOLONNADE2(ギャラリー2)、下の階の1番大きな展示空間であった。電気が消えており、普段と違う雰囲気を新鮮に感じた。来館者のいない状態で展示を観たことは何度もあるが、電気が点いていない中で歩き回ることはあまりなかったのである。…

http://www.intermediatheque.jp/ja/rescolumn

それ以外にも、展示品に関する詳細コラムなども公式サイトからみることができます。

こうしてみると、表に出てお客さんと接するなどの業務は基本業務ではないため、本館に行ったところでそう簡単に会えるわけではありません。

眞子さまは学生時代にレスター大学大学院で博物館学を専攻していて、修士論文は「博物館における展示物の解釈の可能性」でした。

こうしたことからもわかるように、博物館で働くというのは自然な選択だったわけです。

ご邸宅がある皇居から車で15分ほどの距離に施設があるのも、インターメディアテクで働く理由になったのかもしれません。

インターメディアテク
https://www.tanseisha.co.jp/resource/56833-3.jpg
スポンサーリンク

眞子さまの給料は、皇族費込みで年収ズバリ1000万円?!?!?!

眞子さまの年収は、ズバリ1000万円です。

内訳は以下の通りです。

  • 東大博物館 収入 約100万円(年)
  • 皇族費 約900万円(年)

こうみると、東大の博物館だけでそのような年収を得ているわけではありません。

大半が皇族費から支給されていて年間915万円が支給されているそうです。

皇族費は皇族としての品位を守るために支給されます。

それは「皇室経済法」という法律のもとで国家予算でまかなわれていて、財源は国民の税金になります。

こうして支払われる約900万円と、特派員としての年に約100万円の給料を合わせて、1000万円という額になっているわけです。

博物館での時給に関してはさまざまな噂が立っていますが、基本的には1200円と言われていて一般に比べて大きな差はなさそうです。

眞子さまの勤務は週3回、博物館の開館時間が11:00〜18:00なのを踏まえると、勤務時間は大体一日6時間なので、

  • 1200円(時給)×6(時間/日)×3(/週)×4(/月)×12(/年)=1,036,800円

となります。

しかし、週刊女性の記事によると、

ただ、眞子さまは「客員研究員」という無給の“非正規雇用”的な契約で、私的事項としてこの勤務について公表されるつもりはないという。

https://www.jprime.jp/articles/-/6778

とされていて、無報酬での勤務という可能性も考えられますので、一概には言えません。

スポンサーリンク

眞子さまは結婚後も引き続き特派員として仕事する?!?!

2020年11月に皇嗣秋篠宮さまから、小室圭さんとの結婚を認められた眞子さまですが、もし結婚が正式に行われたとしても、今後、特派員としての活動を続けるでしょう。

それ以外にも公務を行うする傍ら、あらゆる活動を精力的に行っているので、博物館での就労は変わらず週3回が妥当に思われます。

最近では、コロナの影響もあるのでリモートワークが適用されているので、直接丸の内に出向くことも少なくなっていますが、業務量は変わらずといえるでしょう。

眞子さま出勤
https://i.ytimg.com/vi/qblM9wI4Ejk/hqdefault.jpg

眞子さまの仕事に関するまとめ

眞子さまは東京大学総合研究博物館のインターメディアテクと呼ばれる施設で、現在も変わらず、就労していることがわかりました。

ただ、週に3日のペースで給料も一般人と変わらないことからそこでの年収は少なく皇族費の915万円と合わせて約1000万円ほどといえます。

小室圭さんとのご結婚で状況が変わってくるかもしれないので、今後の状況も気になるところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です