【衝撃映像】京都の中学校交通安全教室で事故再現中にスタントマンがなんで事故死⁉

交通安全教室で事故

京都市立勧修(かんしゅう)中学校での
交通安全を啓蒙するはずだった
交通安全教室で
まさかの死亡事後が
発生してしまいました。

4月12日午後2時20分頃の出来事です。

トラックに跳ねられたスタントマンが
トラックの下敷きになったまま
しばらく引きづられるはずの
スタント。

本当に人が引かれてしまいました。

スタントマンになっていたのは
中村佳弘さん(34歳・福岡県春日市)。

その経緯について
お話して聞きましょう。

 

スポンサーリンク

スタントマンがトラックに跳ねられた動画

その衝撃映像を御覧ください。

心の準備をしてから御覧になることを
おすすめします。

 

交通安全教室という教育の現場といえ
ここまでの設定が必要なのでしょうか。

スポンサーリンク

 

交通安全教室で準備していた想定の事故風景とは

車の死角の危険性を伝える講習が目的

トラックが時速10キロメートルほどの速さで走って来る

スタントマンはトラックに接触する直前でバンパーにつかまる

スタントマンがトラックの前部にぶつかる。

バンパーにつかまったまま
車体の下敷きになって
20メートル程度引きづられる。

トラックは止まり
スタントマンは無事に立ち上がる。

これが想定されいた実演模擬事故だったのです。

しかし、失敗は起こるものです。

スタントマンはバンパーに手でしがみ付いているはず。

その手がバンパーから外れ本当に
引かれてしまうことに。

はたして20メートルも引かれる必要があるのか?

いろいろな模擬事故の設定そのものに問題を感じるこの事件。

映像は8秒間スタントマンを引き続けています。

失敗したらどうするといった
ケースも想定しないまま
今までこのような教室が行われていたのでしょうか。

交通安全教室なので
事故が何時でも起きうるものであり
安全に過ごすためにはどうしたら
良いのかを考えるための授業。

そのハズが本当の死亡事故になるだなんて。

スタントマンスタントマンの
中村佳弘さんはというと
病院に運ばれましたが胸などを強く打ち
搬送先の病院で死亡が確認されました。

この交通安全教室の授業に参加した
勧修中学校の生徒と地域樹民570名の
心にはとんでもない思い記憶が
刻まれてしまったことでしょう。

スポンサーリンク

 

交通安全教室はイベント会社「ワーサル」が派遣

イベント会社「ワーサル」が派遣して
行っていた交通安全教室。

京都市自転車政策推進室の和田長利(ながとし)室長は
「中学生がいる場でこのような事故が起きて申し訳ない。
イベント会社に原因を聞き、対応を考えたい」と話しています。

これから調査が始まるとのこと。

行き過ぎたデモンストレーションで
刺激しすぎるのも問題ではないでしょうか。

衝撃的な事故映像にはロシアで起きた飛行機炎上事故に
ついて記事にしていますので興味のある方は御覧ください。

【超間近衝撃動画あり】ロシアの空港で緊急着陸して炎上!理由と乗客の安否はいかに
 ロシアの首都モスクワのシェレメチェボ空港。なんと、緊急着陸、炎上してしまう飛行機事故が発生。更に衝撃映像を更新しました。気になるのは乗客の安否。そして何故炎...

 

安全教室中のスタントマン死亡事故についてNSNの声を聞いてみましょう

かなりの反響を呼んでいます。

 

交通安全教室の本当の意味での交通安全教室を

交通事故の危険性を示す交通安全教室ではなく
交通に対する安全性を確保するための教室に
していただきたいものです。

交通安全教室で言われる「文言」

「だろう運転」ではなく「かもれない運転」

「人は飛び出さないだろう」ではなく
「飛び出すかもしれない」

「スタントは成功するだろう」ではなく
「スタントは失敗するかもしれない」
「スタントは危険かもしれない」

こういった考え方で物事が考えられていたら
起きなかった事故なのではないでしょうか。

ご冥福をお祈りします

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です