櫻井翔の英語力はどこでいつからハイレベルになったの?英会話レベルや勉強方法を徹底分析!

櫻井翔の英語の能力はハイレベル!

テレビや雑誌で引っ張りだこの櫻井翔さん!

今回はそんな大忙しの櫻井翔さんに関する皆さんの疑問に関して分析していきます。

櫻井翔さんの英語の実力は?本当に英語がペラペラなの?

こんな疑問もこの記事を読めばしっかり分かります。

また、英語を勉強したいと思っている人も必見!

櫻井翔さんのように英語を話せるようになるのか、勉強方法も徹底解説します。

ぜひこの記事を読んでから皆さんも英語学習をはじめてください。

目指せ櫻井翔!!!

スポンサーリンク

櫻井翔さんの英語力を動画から分析

2013年、2016年、2019年と年代ごとに櫻井翔さんの英語力を分析!

年々英語が流暢になっていく櫻井翔さんの成長ぶりに要注目です。

2013年 舞台挨拶での櫻井翔さん

I’m happy to that everyone help me in Singapore and can finally see this movie .Thanks you so much.

I hope you enjoy it. And recommend your friends.

terima kasih

「シンガポールの皆さんの支えもありついにこの映画を公開することができとても光栄です。ぜひ映画を楽しんでくさい。そして友人にもおすすめしてください。

ありがとう」

簡単な自己紹介だけではなくしっかりと最後まで英語でスピーチし舞台を盛り上げてますね。

特に最後の一言で盛り上がっているのは

「terima kasih」

とマレー語で”ありがとう”と言ったからより盛り上がったのでしょうね。

現地の人に現地の言葉を使う櫻井翔さんの人柄の良さが表れていますね。

スポンサーリンク

2016年 嵐にしやがれでの櫻井翔さん

welcome to Arashi ryokan.

My name is sho sakurai. I’m a member of Arashi.

Arashi means like storm

「嵐旅館へようこそ。私の名前は櫻井翔です。私は嵐のメンバーです。嵐は暴風雨という意味です」

2013年の時と比較すると英語の発音がとてもきれいになっていますね。

ライブにテレビに大忙しのなか日々勉強し英語を上達させ、櫻井翔さんが努力家なのが伝わりますね。

2019年 航空会社イベントでの櫻井翔さん

Thank you so much for always supporting us for such a long time.

Because of your unchaing love and support,we have made it happen.

Thank you.

「いつも支えてくれてありがとう。このような機会を得ることができたのは皆さんの変わらぬ愛情とサポートのおかげです。ありがとう。」

2016年と比較すると格段に上手になっていますね。

なぜこんなに櫻井翔さんは英語が上達したのでしょうか。

次に櫻井翔さんがなぜ英語を学ぶようになったのかを解説していきます。

スポンサーリンク

櫻井翔さんはいつから英語ができるようになったのか

櫻井翔さんが英語ができるようになった理由は2つあります。

1.英語に触れあう環境

櫻井翔さんの父親は東京大学卒のエリート官僚、祖父も新聞社の有力者というエリート家系に生まれました。

そして櫻井翔さん自身も慶応義塾大学幼稚舎に入園しております。

慶応義塾大学小学校では1年生の時から英語の授業があります。

また帰国子女もたくさんいる学校でも有名です。

このように小さい時から英語に触れる環境があったことで英語ができるようになったのかもしれませんね。

また、櫻井翔さんの父親はかなり教育熱心な方で芸能界に入る条件として学問を怠らないことを提示したそうです。

そのため櫻井翔さんは学生時代のエピソードを以下のように振り返っています。

学生時代は、学業が優先でした。なぜなら、やりたいことをやるのに、やりたいことだけやっていてはだめだと思っていたから。学生の本分は学業である以上、ある程度の成績をとれなければ、僕にとってのやりたいこと、つまりジャニーズジュニアの活動はできないと。

引用:AERAdot. 嵐・櫻井翔が「勘違い」されていると思っていることとは?

このように櫻井翔さんが英語を話せるのは、幼少期の英語に触れあう環境、そして自らの努力があったからかもしれないですね。

2.オリンピックキャスター時の心境変化

櫻井翔さんはオリンピックのキャスターを2008年から6回努めています。

櫻井翔さんのオリンピックキャスター経歴

  • 2008年 北京オリンピック
  • 2010年 バンクーバーオリンピック
  • 2012年 ロンドンオリンピック
  • 2014年 ソチオリンピック
  • 2016年 リオデジャネイロオリンピック
  • 2018年 平昌オリンピック

特に2008年初めてオリンピックキャスターを務めた北京オリンピックで、大きな心境変化があったそうです。

オリンピックキャスターとして海外選手にインタビューをしていく中で、国内にいるときに感じなかった自分の英語力のなさを感じたそうです。

これをきっかけに櫻井翔さんは英語に力をいれ勉強をするようになったそうです。

自分無力さにしっかりと向き合い改善する心意気とてもかっこいいですね。

スポンサーリンク

櫻井翔さんの英語力に対するファンの声

https://twitter.com/mmmi_arsss/status/1289120903352078336?s=20

ファンの方も日常的に英語を使っていると思うほど櫻井翔さんの英語力には定評がありますね。

また、櫻井翔さんの発音の良さを称賛する声も多々上がっていますね。

努力でファンの方にも褒められるほどの実力を身に着けた櫻井翔さんの英語力すごいですね。

動画内での櫻井翔さんの英語は日本人のしゃべる英語の特徴であるカタカナ英語を感じさせない為このような意見があがるんでしょうね。

櫻井翔さんの英語の勉強法とは

新型コロナウイルス拡大に伴う自粛期間中に櫻井翔さんはオンライン英会話で学習していたようです。

この時世で海外に行くことができない中でも自ら英語を使う場面を作り、英語の勉強をしているようですね。

このような勉強法で櫻井翔さんの英語力はレベルアップしていってるんですね。

また、前述したように海外での舞台挨拶やライブの際に日本語で話すのではなく英語を使うことで、インプットだけではなくしっかりアウトプットすることで英語の学習をしているのかもしれないですね。

やはり英語は言語ですので、使うということを意識する勉強法で櫻井翔さんのように流暢な英語が話せるようになるのかもしれないですね。

スポンサーリンク

まとめ

英語を櫻井翔さんのように英語をしゃべれるようになるには、小さい頃からの英語学習だけではなく、自ら英語を使う環境を作り出すのが大事なのかもしれませんね。

今のご時世なかなか海外に行くこともできず英語を使う場面がないですが、オンライン英会話を通して英語を勉強したりして、海外旅行がいけるようになった際は英語で会話ができるようになりたいですね。

今回は櫻井翔さんの英語力についてまとめてみました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です