リュウグウはどんな小惑星?大きさ・形・表面・位置・水を図解で説明

はやぶさ2が探索している
小惑星リュウグウ。

その小惑星リュウグウの
地球と比べた大きさや
形、表面、位置を図解で
わかりやすくお話していきましょう。

 

スポンサーリンク

小惑星リュウグウの大きさは?

大きさは直径870m。

なんと単位はメートル。

1キロメートルもありません。

有名どころの惑星と比較してみましょう。

  大きさ 地球との比較
地球 12,742 km
太陽 1,391,000 km 10.3倍
火星 6,779 km 53%
水星 4879km 38%
リュウグウ 870m 0.007%
イトカワ 313m 0.002%

もっと分かりやすく
地球の建造物と比較してみましょう。

まさしく単位がメートルなので
地球上で最も高いとされてる
スカイツリー634mと比較。

東京スカイツリーの約1.4倍の高さ。

東京タワーの2.2倍の高さです。

こうしてみると
とっても大きさの想像がしやすいです。

リュウオウの直径
また太陽系の惑星と比較すると
大きい順から[木星]→[土星]→[天王星]→[海王星]→
[地球]→[金星]→[火星]→[水星]→[月(地球の衛星)]→リュウグウ
です。

左から3番目にあるのが
地球です。

リュウグウの大きさは

 

小惑星リュウグウはどの位置にある?

リュウグウは火星の隣に位置しています。

リュウグウの軌道はイトカワの軌道と似ています。

地球と火星の間を公転するような軌道をとっています。

赤い軌道がリュウグウの軌道です。

はやぶさ2の大きさ

 

 

 

小惑星リュウグウの形は?

はやぶさ2から届く情報によって
形状がはっきりとしてきました。

リュウグウの大きさ
四角いサイコロのようも見えます。

スポンサーリンク

 

どんな表面をしているの?

はやぶさ2が降りるのも一苦労なくらいの
凹凸具合。

撮影された画像を見てみましょう。

リュウグウの大きさ

リュウグウの大きさ

リュウグウの大きさ

リュウグウの大きさ

ゴツゴツしていて
隆起が激しい事がわかります。

 

地球のように水は存在するの?

リュウグウには地球でいう液体の水はありません。

分析は分子レベルで行われます。

リュウグウは炭素を含む
「C型小惑星」と考えられています。

リュウグウの表面物質には
見た目は黒い灰やススのような
炭素C分子を含む有機物が
1%程度含まれていると
考えられています。

その他、さらにわずかに存在すると
考えられている物質があります。

アミノ酸、カルボン酸、核酸塩基
アルコールなどです。

本当のところは
もちろんわかりません。

はやぶさ2が採取している物質の解析を
期待しましょう。

そのほか、リュウグウの重力について
知りたい方はこちらをご覧ください。

さらにはやぶさ2が成功させた
クレーター作成実験の目的について
知りたい方はこちらをご覧ください。

はやぶさ2の地球への帰還を楽しみにしましょう

無限の可能性を秘めた宇宙。

そしてその第一歩となる
リュウグウの解析も
どんどん進んでいます。

無事に帰還するのも
大変なはやぶさ2。

いろいろな新しい発見に
期待しながら無事の帰還を待ちましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です