バスケットボール日本代表男子メンバーがワールドカップ出場を果たした起死回生の奇跡を総まとめ

ワールドカップで起死回生のバスケット日本代表2019

身長では有利とはいえないポーツバスケットボール
日本がなんとワールドカップ出場権をGET❣❣

バスケットボール男子のワールドカップの
アジア2次予選が2019年2月24日敵地カタールで開催。

相手国の敵地カタールでの試合だったにも
関わらず96―48の圧勝。

カタールを破り自国開催で予選免除だった
2006年大会(当時は世界選手権)以来
13年ぶりのワールドカップ出場を決めました。

予選を勝ち抜いた自力でのワールドカップ出場は
1998年大会以来なんと21年ぶり。

そのワールドカップ予選を勝ち抜いた
日本代表の魅力と起死回生の奇跡について
お話してきましょう。

 

スポンサーリンク

ワールドカップ本戦の予定

8月31日から9月15日の開催

場所は中国。

32チームが世界一の称号をかけて
中国を数箇所巡り戦います。

日本からも近くて行きやすく
時差も1時間だけ日本が早いだけと
テレビ中継でも応援もしやすいです。

ぜひ中国へ足の運んでの応援や
テレビの前での応援も楽しみましょう。

スポンサーリンク

 

2月25日FIBAワールドカップアジア地区2次大会カタール戦96-48圧勝ハイライト

バスケットは第一・第二クオーターの前半戦と
第三第四クオーターの後半戦に分かれて戦われます。

バスケ日本代表がカタールに勝った試合を
振り返ってみましょう。

 

第一クオーターで光る竹内 譲次(PF)と田中大貴(SG)の活躍

立ち上がりについてはカタールに
イージーシュートチャンスすら
与えない日本主導権ペース。

カタールのディフェンスの強さには
やや押されぎみ。

お元すリバウンドを奪ったニック・ファジーカス(Cセンター)の
ゴール下からのパスをもらい走り込む
田中大貴(SGシューティングガード)の
レインアップシュートで得点を重ね徐々に押していきます。

カタールのタイムアウト後
田中大貴(SG)のスティールから速攻へ。

竹内 譲次(PFパワーフォワード)ダンクと
トランジションオフェンスで6分間10-0と
カタールへの得点は与えず。

 

第二クオーターで光る辻直人(SG)と富樫勇樹(PG)の連続3ポイントシュートの活躍

第二クオーターの立ち上がりで
辻直人(SGシューティングガード)と
富樫勇樹(PGポイントガード)が
連続3ポイントシュートを決め23-8と突き放します。

思いっきりのよい3ポイントシュートにより
カタールのゾーンディフェンスを攻略。

第三クオーターで決めた田中大貴(SG)のミドルシュートと篠山竜青(PG)のラッキーな3ポイントシュート

42-25から始まった後半戦。

先手はトランジションから作った
コーナースリーのチャンスを
張本天傑(スモールフォワード)がしっかり決めます。

残り7分で田中大貴(SG)がミドルシュートを
沈めて50-30の20点差に持ち込みます。

相手のターンオーバーから富樫勇樹(PGポイントガード)
張本 天傑 (スモールフォワード)
比江島慎(シューティングガード)の
速攻ファストブレイクも飛び出すします。

第三クオーター終わりかけ終了寸前
無理やり放った篠山竜青(PG)の
3ポイントシュートが幸運にもゴール。

64-34と大量リードで最終クォーターへ続きます。

 

篠山竜青(PG)がルーズボールに飛び込む気迫でカタールへ付け入る隙を与えない

64-34のリードでの第四クオータースタート。

セーフティーリードは保ちながら
ベンドラメ礼生(ポイントガード)も含めた
全員のローテーションでチーム力を強化。

篠山竜青PGが身長で上回るカタール相手に
ルーズボールに飛び込むなど気迫で圧倒。

カタールに付け入る隙を全く与えません。

ラストは馬場雄大(パワーフォワード)のダンクも
飛び出し盛り上がりは絶頂。

最終スコアは96-48。

4つ全てのクォーターでカタールを上回る
得点力で完勝。

バスケ日本代表が圧巻の勝利。

 

スポンサーリンク

4連敗スタートからの奇跡的な8連勝の結果一覧

1次予選の始まりは2017年11月。

2次予選に進むにはグループ上位3位チームに
入らなければいけません。

4組に別れうち日本は
フィリピン・チャイニーズタイペイ・
オーストラリアとのグループになりました。

1次予選4試合の4連敗は国内選手のみでの戦い。

ホームで迎えたフィリピン戦。

序盤は格上フィリピンの力が炸裂。

エース比江島慎選手が20得点上げる活躍を見せました。

にもかかわらず前半に話された得点が響き71-77で
黒星スタート。

2戦目は敵地オーストラリアでのオーストラリア戦。

FIBA10位のオーストラリアには刃が立たず
58-82の大差で敗退。

3戦目のチャイニーズ・タイペイ戦。
1次予選3位以内に入り1次予選突破を目指すには
落とせないはずの格下相手にまさかの1点差で敗戦。

4戦目の敵地開催のフィリピン戦。
格上だけに健闘はするものの敗戦し
1次予選突破さえも絶望的となりました。

奮起の5試合目。

2次予選の結果も御覧ください。

 

1次予選

日時 日本との対戦相手 勝負 得点 開催地

2017年11月24日(金)
19:00~

フィリピン
71-77

駒沢体育館
(東京都世田谷区)

2017年11月27日(月)
17:30~
(現地時間 19:00)

オーストラリア 58‐82

オーストラリア
・アデレード

2018年2月22日(木)
19:30~

チャイニーズ
・タイペイ
69-70

横浜国際プール
(神奈川県横浜市)

2018年2月25日(日)
20:30~
(現地時間 19:30)

フィリピン 84-89

フィリピン

2018年6月29日(金)
19:40~

オーストラリア 79-78

千葉ポートアリーナ
(千葉県千葉市)

2018年7月2日(月)
20:00~

チャイニーズ
・タイペイ
108‐68

チャイニーズ・タイペイ

 

2次予選

日時 日本との対戦相手 勝負 得点 開催地

2018年9月13日(木)
20:00~

カザフスタン 85-70

カザフスタン
・アルマトイ

2018年9月17日(月・祝)
17:10~

イラン 70-56

大田区総合体育館
(東京都大田区)

2018年11月30日(金)
19:00~

カタール 85-47

富山市総合体育館
(富山県富山市)

2018年12月3日(月)
19:00~

カザフスタン 86-70

富山市総合体育館
(富山県富山市)

2019年2月21日(木)
日本時間 23:30

イラン 97‐89

イラン

2019年2月24日(日)
日本時間 23:30

カタール 96‐48

カタール

スポンサーリンク

 

5戦目からアメリカで有数のゴンザガ大学の八村塁選手の活躍

 5試合目から参加可能となった八村塁選手の活躍。

4試合目までは大学リーグ出場のために
参戦できずにいたが急遽招集。

5戦目は敵地オーストラリア戦で
FIBA10位の格上オーストラリアとの対戦で
勝ち目は薄かったが希望が帰ってくると
ファンの心を踊らせました。

その期待通り
2018年6月29日のオーストラリア戦では
八村塁選手が24得点を上げます。

試合残り10秒で速攻からの八村塁選手が
豪快なダンクシューツを叩き込みます。

ゴール!!!

会場はどよめき盛り上がりは絶頂に。

ダンクシュート後ディフェンスを立て直す間も
ないまま試合終了のブザー。

選手たちはコート上で抱き合って喜び
アカツキファイブと称される赤色のカラーで
染まった会場は歓喜と興奮に溢れ
涙を流すファンの姿もありました。

新生バスケ日本代表の誕生です。

「八村塁選手について」
「八村塁選手の弟八村阿蓮(U22代表)や妹、お父さん、お母さんについて」
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

八村塁の203cm以上に伸び続ける身長・身体能力の小・中・高校・大学時代全てを大公開
「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の出場権を獲得した男子日本代表。今回のアジア地区予選の起死回生を果たす立役者の1人となった八村塁選手。名前は超日本人...
【画像あり】八村塁の妹が激的に可愛い!その他の家族の特徴も初紹介するよ
八村塁選手の身長が桁外れの206cm。21歳を過ぎた今でも伸び続けているとは超驚きです。兄弟は?妹も身長高い?バスケットボールやってる?どんな身長のお父さんやお母さ...

 

5戦目からBリーグ最強外国籍選手だったニック・ファジーカス選手の日本帰化により活躍

 さらに5戦目より日本帰化申請が通り
ニック・ファジーカス選手が参戦できるようになりました

ニック・ファジーカス選手は日本のBリーグで
最強外国籍選手として活躍中です。

期待通りニック・ファジーカス選手も
25得点。

誰もが予想していなかった劇的な
ジャイアント・キリングを演じ
八村塁選手と共に新生バスケ日本代表の誕生。

5戦目の新生バスケ日本代表は
世界ランキング10位の強豪オーストラリアを
相手に初勝利をGET。

ここから快進撃が始まります。

1次予選6戦目の最終戦はチャイニーズ・タイペイ戦。

勢いに乗ったまま108‐68で大勝し
グループ3位で2次予選へ駒を進めることとなります。

スポンサーリンク

 

7戦目8戦目はNBA選手渡邊雄太選手の活躍

 2次予選は12チームが2組に分かれ
上位3チームと組4位同士で高い勝率のチームが
ワールドカップへ出場できます。

日本は6試合目終了の2次予選開始時点で
イラン・カザフスタン・カタールとの6試合
全勝利が必須の厳しいスタート。

ポイントゲターのニック・ファジーカス選手は
怪我で欠場。

しかしNBA選手の渡邊雄太選手が参戦し
インサイドの高さに不安があったものの
その穴を埋めて見事7戦目8戦目を勝利。

 

国内選手・開催地富山出身の馬場憂太選手の活躍

9戦目10戦目は八村塁選手と渡邊雄太選手は
アメリカに戻り欠場。

国内選手のみの出動であったが
勢いはそのまま。

9戦目のカタール戦では
前半こそリードを許したものの
開催が出身地の富山であったこともあり
馬場憂太選手の豪快なダンクシュールで
チームに勢いを与えて85-47で快勝。

10戦目のカザフスタン戦では
ニック・ファジーカス選手が復帰し
41得点を挙げて86-70の勝利を収めました。

6勝4敗と勝ち越し2試合を残して
ワールドカップ出場県内のフループ3位に浮上。

11戦目はシュートをほぼ完璧に決める比江島選手の活躍

11戦目はグループ2位の敵地でのイラン戦。

敵地イランであることと
グループ2位で上位にいるイランとの
戦いである不利な条件にも関わらず
日本の勢いはそのまま。

打ち込むシュートを完璧で確実に決める
比江島慎選手の活躍で序盤からリード。

イランの猛追を振り切り97-89で勝利。

2次予選最終戦の2月24日カタール戦。

見事なダンクシュール炸裂の勝利を勝ち取り
見事ワールドカップ出場を成し遂げました。

ワールドカップ本戦や東京オリンピックも応援しよう

2019年2月24日を含めた8連勝の奇跡の勝利。

中国で8月31日から9月15日の開催される
32カ国が集うワールドカップ本戦。

八村塁選手は6月のNBAドラフトで上位指名とも
言われる有力選手。

八村塁選手のNBA入りが叶えば
渡邊雄太選手と2人のNBA選手を擁することとなります。

高さで勝ち目が薄かった日本のバスケットボールを
新たなものとしてヨーロッパやアメリカ大陸との
強豪国と渡り合う姿を期待しましょう。

またワールドカップ本戦も勝ち抜いて
2020年東京オリンピックでの活躍にもまた
つなげていって欲しいところです。

44年ぶりのオリンピック出場に向けて
大きな大きな1歩を確実に踏んでいる
新生バスケ日本代表をこれからも応援していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です