フィギュアスケート本田紗来さんの凄さの秘訣と11歳での世界大会優勝を支えた家族愛についてご紹介

本田紗来の凄さの秘訣と家族

2019年2月23日にオランダ・ハーグで行われた
チャレンジ・カップに出場して見事
優勝した本田紗来さん。

スケートはお兄さんんお姉さんの影響で
始めたとのこと。

そんな輝かしいスケーター人生を歩みだした
本田さらさんの家族構成や
お父さんお母さんのことガキになります。

さらに兄弟たちとの仲良し加減も
木になります。

兄弟それぞれがどのような
思い出スケートに取り組んでいるのでしょうか。

またこんな逸材を兄弟5人んのうち
4人も排出しているお父さんと
お母さんの存在も超気になります。

少しずつ紐解いていきましょう。

「優勝したチャレンジカップの動画をたっぷりご覧になりたい方」
「7~11歳までの本田紗来ちゃんのかわいい子役活躍ぶりについて」
知りたい見たい方はこちらをご覧ください。

本田紗来のフィギアスケートの凄い実力【動画あり】を2014年デビューから世界大会...
タレントとしても活躍中の本田紗来さん。5人兄弟の末っ子でお兄ちゃんは本田太一お姉ちゃんには本田真凜さん、本田望結さん。ご両親がスケートをされていたわけではない...
7~11歳までの本田紗来ちゃんのかわいい子役活躍ぶり【動画あり】を一挙公開!
フィギアスケート3姉妹で有名な本田紗来ちゃん。こどもらしいその愛嬌とあどけなさを併せ持った笑顔はなんとも表現し難いくらいかわいすぎるほどかわいいですよね。2019...

 

スポンサーリンク

本田紗来さんのが育ったその環境とご両親の教育方針が強さの秘訣

2016年2月1日には
七田チャイルドアカデミー「0歳からの幼児教育」に出演されている
本田紗来さん。

お母様が見つけれこられた七田式幼児教育を実践されていました。

また5人のお子様全員が七田式幼児教育の
教室に通われていたました。

芸能活動やスケートで忙しくなってきた
長男の太一さんは一旦はやめると自分から申し出ました。

それは遅刻して教室に参加することが周りの
空気をみだしてしまうからとの心遣いでした。

しかしながら教室での楽しさや学びの多さに
やはり通いたいと再度時間の都合をつけて
通い始めました。

兄弟全員通う頻度に違いはありましたが
七田式幼児教育で育で育んできた人間性なのです。

 

七田式幼児教育で培った記憶や思考の基礎づくり

芸能活動を擦るにあたって
本田望結さんや本田紗来さんは特に
セリフを覚えるという作業が必要となってきます。

芸能活動をする際に欠かせない
「覚える」という記憶力の作業。

ご両親は台本を覚えるお手伝いを
一切されたことは無いのです、

読めない漢字の読み方を教える程度。

本田望結さんや本田紗来さん自身が
自主的に覚えてあくる日の撮影や
舞台にすんなりと挑むことができていました。

その素晴らしい記憶力は
「七田式記憶の作り方」で培われてきました。

右脳のイメージ力や直感力と
左脳の論理的思考をバランスよく
身につけることができました。

その成果の賜物で望結さんや紗来さんは
覚えるることを毎回難なくこなしています。

この記憶力は台本を記憶擦るときのみならず
もちろんスケートにも活用されています。

フィギュアスケートでは10パートに分けて
演技が構成されています。

その演技では覚える事は山のように
あります。

覚え方や考え方の基本は全てに応用されているのです。

 

七田式幼児教育で培った「人間学」教育

台本は自分のパートのセリフを覚えるだけではありません。
本田望結さんや本田紗来さんは自主的に
全ての方のセリフを覚えているのです。

そして有名俳優さんがセリフを忘れてしまったときも
こっそりそばから教えて差し上げたことがあるのです。

本番でセリフを忘れてしまった俳優さんに
全てを記憶していますよと言わんばかりに
自慢げにおしえてあげるのではなく
こっそり教えてあげるところ。

この控えめな心遣いもまた七田式幼児教育で
培われてきた人間性なのです。

フィギュアスケートの競技者同士の
人間関係を作る際にも
もちろん役立っている
「七田式人間学」教育です。

先輩からも可愛がられる
そん様子が伺える写真が沢山あります。


羽生結弦選手との満面の笑みの写真。

単純にかわいいお子さんだから
こんな満面の笑みの羽生結弦選手になったのでは
無いでしょう。

本田紗来さんの人間性が
羽生結弦選手の笑顔を引く出した
のに違いありません。


織田信成選手との写真もまた同様に
満面の笑みが引き出されています。

本当に可愛がられている後輩であることが
受け取れる素晴らしい写真の数々です。

 

本好きに育てる

本田家の壁にはお父さん特性の
壁置き本棚が備え付けられているそうです。

お父さんが常に好きな本を読めるように工夫しておられます。

本だけは買いたいと兄弟5人でねだることが
多かったくらい本好きにそたちました。

本好きに育つように
お母様が読み聞かせを常に行っていました。

長男の太一さんにはお母さんが読み聞かせ
長男の太一さんは本が読みたいがゆえに
ひらがなや漢字をいち早く覚えて
字が読めるようになるとは妹さんたちに
読み聞かせるようになりました。

それぞれ順に妹たちに読み聞かせるようになっていきました。

もちろんご両親とも本好きで本田家では
本は生活の中で欠かすことのできない存在です。

家族全員スキマ時間があったら
本を競って読んでいるます。

たしかに教育や発達に
本は良いといいますよね。

知識と知性の豊かな人間性は本好きになった
ことから自然と身についていったことなのです。

 

自分のことは自分でできるように仕向ける

ご両親がある意味「楽」ができるように
子供について自分のことは自分でできるように
サポートして育てる。

これが教育方針なのです。

その結果5人の兄弟たちには自立心が自然と
備わっていたのです。

例えば、子供ははじめからお箸を
持てるわけではありません。

両親がお箸を持てない子供達にご飯を
食べさせてあげるのではなく
自分で食べられるように
早く教えてあげるということです。

そのためにはお箸で豆つかみなどという
練習にはきちんと付き合って
サポートをしていく。

そのようなスタンスでの教育。

なるほど。

そういう思考回路で行けば
子どもたちが何をするにも
自分で行動を起こそうとするかもしれません。

ご両親は5人の兄弟に対して
余裕をもって行動をすることで
子育てを楽しんでいるのです。

その余裕があるからこそ
子どもたちも楽しく自分のことに
チャレンジできるプラス循環なのです。

本田紗来さんにとっても
フィギュアスケートにも芸能活動にも
やりたいと思えることに打ち込める
その基本姿勢を体感で備えているのです。

 

トランポリンで遊びながら育てる

やるからには本格的にやりたいと
本田家の1室はトランポリン専用室として
使われています。

赤ちゃんのときにぐずればトランポリンの
上に乗せてあやします。

そうするとあやされた子どもたちはねるのです。

子供の時は何かしらの遊び道具として
トランポリンを活用していました。

トランポリン遊びにはメリットがあります。

トランポリンの上下運動は
脳幹の覚醒反応を促し
認知反応を良くする働きがあります。

脳幹には人間の脳の中でも中枢な機能を持っていて
運動神経や感覚神経など重要な神経をコントロール
する働きがあります。

トランポリンによって平衡感覚や運動神経が鍛えられて
鋭くなりジャンプのバランス感覚も
自然と発達してそなわったのです。

筋肉だって柔軟な筋肉が付くので
フィギアスケートをするにあたっては
いい事づくしです。

走るための筋肉もきっちり発達が促されて
いたことは幼稚園で徒競走を1位通過していた
事実が物語っています。

幼稚園の先生達にも本田家のお子さんは
みんな足が速いと評判でした。

フィギアスケートをするからトランポリンを家に
備え付けようと思ったわけではありません。

備え付けた結果生じた才能。

それがまた偶然とはいえ凄いことです。

でもさすがに今では普通に飛ぶと頭を天井に
ぶつけるので座って遊ぶなど気をつけて
トランポリン遊びを楽しんで活用しています。

このようにトランポリンという秘密遊具が
本田家のフィギュアスケートを支えていたわけです。

スポンサーリンク

 

本田紗来さんの兄弟構成から見る兄弟姉妹愛

 

本田紗来さんは5人兄妹です。

兄弟構成は以下のお通り。

  名前 生年月日 年齢(2019年2月現在)
学校
身長(2018年度の登録)
長女 本田真帆
芸能スケート活動なし
21歳
不明
不明
長男 本田太一
1998年8月2日;
 19歳 
関西大学
170cm
次女 本田真凜 2001年8月21日 17歳 
青森山田高校普通科スポーツコース
163cm
三女 本田望結   2004年6月1日 14歳
関西大学中等部
158cm
四女 本田紗来   2007年4月4日 11歳
関西大学初等部(予測)
135cm

 

お父さんとお母さんを入れると7人家族になります。

お母さん5回も出産するだなんて凄いです。

 

長男 本田太一さん

長男の本田太一さんは現在2019年2月現在で19歳。

関西大学の1年生でフィギュアスケートをされています。

2018年12月に行われた全日本選手権 男子FSでは25位。

大学に通いながらスケートもまた頑張っておられます。

本田紗来さんとは8歳年上の優しいお兄ちゃんです。

妹たちの優秀な成績にたいして嫉妬擦るような気持ちは
一切ないとンタビューで話しています。

自分自身をきちんと分析してこれからのフィギアスケートの
取り組む姿勢を考え東京オリンピックを目標と
目処にすると話していました。

お兄ちゃんというのは立場上能力に関して
またマスコミの評価に対しても
成績一つで厳しい言葉をうけることが
多々あります。

その評価に対して素直に捉えて
優しいお兄ちゃんであり続ける姿勢に
素晴らしい兄妹愛を感じます。

 

次女 本田真凜さん

次女の本田真凜さんは関西大学高等部に通っていましたが
アメリカに練習の拠点を置くために
青森山田高校普通科スポーツコースへ転校。

浅田真央さんたちと同じ高校です。

青森山田高校は海外遠征に理解のある学校だそうです。

強化選手に選ばれています。

2018年12月の全日本選手権では15位でした。

アメリカで練習に取り組んでおられます。

本田紗来さんとは6歳年上のお姉ちゃん。

本田紗来さんとじゃれ合っているシーンもよく目にします。

二人の妹に自分のフィギアスケートの取り組み方を
魅せることで切磋琢磨しているように感じます。

お互いをイチ競技者として認めあえているからこそ
できる姉妹愛なのでしょう。

スポンサーリンク

 

三女 本田望結さん

関西大学中等部に通う中学2年生。

本田紗来さんとともに
芸能活動をされていたりと
スケートと芸能活動と学業にと
大忙しの生活のようです。

良く二人で取材をうけていたりします。

とっても中のいい姉妹愛を感じます。

スケートの成績は全日本ジュニア選手権で12位。

これからが楽しみです。

芸能活動も積極的にされていて
セリフを覚えるのが得意だとか。

個人手近位はスケートよりタレント向きなのかと
思うところです。

長女 本田真帆さん

兄弟のなかで一番年上のお姉ちゃんである
本田真帆さん。

一番上のお姉さんはスケートも芸能活動もされていません。

障害があるのではという噂もながれましたが
そんなことはなくマスコミに顔を出されていないだけのようです。

 

四女 本田紗来さん

紗来さんの小学校は兄弟から予想して
関西大学初等部ではないかと言われています。

京都から関学まで遠いので
芸能活動にフィギュアスケートに学業に
凄い移動距離と体力の本田紗来さんです。

芸能活動にしてもフィギアスケート選手活動にしても
兄弟たちが歩んできた道のりをきちんと
本田紗来さんなりに観察して歩むべき方向を
見極めているように感じます。

兄弟愛があるからこそ培われる観察力なのです。

スポンサーリンク

 

本田紗来さんのお父さんお母さんの存在

本田紗来さんを始め本田兄妹姉妹の活躍には
スポンサーとなるお父さんの存在が大きいものです。

また付き添いされるお母さんの存在もとっても
重要となります。

そんな本田家のお父さんお母さんについて
お話していいましょう。

 

お父さん 本田竜一さん

本田紗来さんのお父さんは田竜一さん。

お父さんもフィギアスケート経験者だそうです。

4人の子供がスケートをしているなんて
どんな職業なんだろうと
あらゆる噂が飛び交っています。

なぜならスケートを始めようとすると
年間300万円はかかるそうです。

それを4人。

しかも次女の本田真凜さんはアメリカ。

長男の本田太一さんもアメリカ遠征は多いとのこと。

子どもたちが芸能活動をしているとはえ
経済力は半端では有りません。

お父さんの職業の実際のところは不明です。

医師なのか
エリート会社員なのか
資産家なのか。

どちらにしても御曹司には違いないそうです。

お母さん 本田真紀さん

 

5人回も出産されるだなんて
本当に凄いお母さんです。

専業主婦をされています。

それぞれのお子さんの付き添いをするだけでも
マネージャーとなって大変な毎日なことでしょう。

スポンサーリンク

 

将来が有望な本田紗来さんを笑顔で応援していきましょう

家族と兄弟の愛があるからこそ
メキメキ・すくすくと成長している本田紗来さん。

11歳10ヶ月にしてチャレンジ・カップという世界大会を
優勝しました。

これからがとっても楽しみな未来の星です。

次の2022年の北京五輪の時には
本田紗来さんはまだ14歳です。

シニア大会の出場権がありません。

オリンピックでの活躍は2026年の
スイス・ローザンヌで行われる冬季オリンピックと
言うことになります。

安定したジャンプと表現力豊かな
スケーティングをこれからも楽しみにしながら
笑顔で応援していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です