御嶽海関の母マルガリータさんはスナックで人気のママ!【50代の美人画像】と強い息子愛を紹介

御嶽海関の母マルガリータさんはスナックで人気のママ!【50代の美人画像】と強い息子愛を紹介

御嶽海関の母・マルゲリータさんの、応援がとっても目立って、美人だと話題になっています。そんな、御嶽海関のお母さんとはどんな職業をされていてどんな面持ちをされた方なのでしょうか。若かりし画像と共にご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

御嶽海関の母・マルガリータさんが「美人で人気ママ」と言われるその魅力

1970年フィリピン生まれ。90年に結婚、92年に長男・久司さん(御嶽海関)を出産する。長野県木曽町でスナック「ナイト・イン・マルガリータ」を経営

御嶽海のお母さんは、御嶽海関の出身地である長野県木曽町でスナック「 ナイト・イン・マルガリータ」を経営。

そのスナック「 ナイト・イン・マルガリータ 」の美人ママなのです。

そして、写真の通り、独特のオーラを持たれている垢抜けした美人のお母さんですね。。お名前からも想像出来る通り、フィリピン生まれのフィリピン人。

1970年生まれ。2020年現在で50歳。

自身が経営するスナック「 ナイト・イン・マルガリータ 」では、美人ママとして人気であることはもちろんのことですが、御嶽海関を応援する姿がとっても熱心で目を引きます。

ですから、応援席の側でも大人気。その事実は、息子である、御嶽海関が、話しています。

長野から駆けつけてくれたお母さん、応援団のみなさんも大喜びしてくれていました。この時、マス席に座っていた姿が、テレビの中継画面に何度も映ったことで、僕のお母さんは有名人になってしまいました。名古屋場所が終わったあとの巡業では、お母さんがファンの方々からサインや写真撮影を求められたりして、「僕より人気があるんじゃないか?」と、嫉妬しちゃったくらいです(笑)。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/other/2019/11/24/___split_60/index.php

この画像でもわかるように、「御嶽海」と大きく書かれた応援陽Tシャツを着て、さじ席で一生懸命応援されている姿が、日本人にはない、愛情表現のひとつなのです。

その、精一杯の応援について、御嶽海関はまた、このように話しています。

お相撲さんは、たいてい家族が観戦に来るのを嫌がります。だから、家族は来るとしても、本人に伝えないでこっそり来たり、遠いところから見ていたりするケースが多いんです。

打って変わって、僕の応援団は大騒ぎしているから、すぐにわかる。真ん中で『御嶽海』の四股名入りのTシャツを着て、手を振ったりしているのが、お母さんです(笑)。

大学時代もそうだったんですが、僕は家族や親しい友だちなんかが応援しに来てくれると、すごくがんばれるタイプなんです。「恥ずかしい」なんて気持ちはありませんよ。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/other/2019/11/24/___split_60/index.php

御嶽海関も話すように、お母さんからの精一杯の応援を受けることによって、パワーが漲ってくるのですね。

スポンサーリンク

御嶽海関の母・マルガリータさんの美貌画像

大相撲解説者の北の富士さんと話す機会があったのですが、「おまえの母ちゃん、金星(美人)だな」と言われて……(笑)。悪い気はしなかったですね。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/other/2019/11/24/___split_60/index.php

北の富士さんが語るように、金星な御嶽海関の母・マルゲリータさんの美貌画像をご紹介していきましょう。

2019年8月

アップスタイルで臙脂色のTシャツを着こなす御嶽海関のお母さんはほんと、きれいですね。

2019年1月

カメラ目線でバッチリ。クッキリした目が特徴の美人な御嶽海関のお母さんです。

2018年8月

御嶽海関のお母さんが経営する スナック「ナイト・イン・マルガリータ」 の店内でしょうか。間接照明の中に美しく経っているお母さん。一味違うお顔です。

2018年9月

母親らしい、ホッとした笑顔が素敵な御嶽海関のお母さん。赤いワンピースが似合ってますね。

本当に嬉しそうな様子で投げキッスをされているお母さん。御嶽海関への愛情に満ち溢れた母親らしい美しさを感じますね。

自宅に応援団を呼んで、御嶽海関を応援している様子は、また、気取った感じがなくアットホームな雰囲気で、少し、街のちょっと綺麗ななおばさんといった雰囲気で、印象が異なります。

スポンサーリンク

御嶽海関の母・マルガリータさんの若かりし頃の秘蔵映像

マルガリータさんは、フィリピンのガールズバンドの一員として来日した際に、御嶽海関のお父さんに当たる大道春夫さんと出会い、 1990年、20歳で結婚。

2年後の1992年、 長男・久司さん(御嶽海関)をフィリピンで出産(里帰り出産)。その後、1995年までの3年間はフィリピンで久司さん (御嶽海関) を育てていました。

お父さんの大道春夫が定期的にフィリピンへ通う3年間だったそうです。そして、久司さん (御嶽海関) の幼稚園入園を期に日本へ。

一家3人で、長野県木曽町での生活がスタート。

子育て奮闘中の20代のマルガリータさんの画像がこちら 。20歳代の画像でもとっても美人だった様子がわかりますね。

中学生の頃の御嶽海関でしょうか。お父さん、お母さんと3人での記念撮影ですね。2010年頃のしゃしんなので、御嶽海のお母さんは40歳くらいの時の写真です。40歳でもすっきりした面持ちの美人なお母さんです。

大学相撲をしている頃の御嶽海関とお母さん。2012年頃、御嶽海関のお母さんは42歳くらいの時ですね。

2015年4月27日 

十両昇進を祝う会で鏡開きをされている御嶽海関のお母さんとお父さん。緊張されてる様子が伝わってきますが、さりげない姿もやっぱり、きれいなお母さんですね。お母さんは45歳頃の画像です。

2016年11月

御嶽海関が新入幕を果たした2016年11月にインタビューに答える御嶽海関のお母さん。やっぱりお綺麗ですね。

2017年1月

御嶽海関のお母さんが47歳くらいの時の画像です。応援に駆けつけてみんなで記念撮影のときのちょっと、弾け飛んだ姿もまた美人です。

スポンサーリンク

力士になることを迷う御嶽海関の背中を押したのは御嶽海の母・マルガリータさん

東洋大学の4年生で、学生横綱、アマチュア横綱の2大タイトルを達成した御嶽海関は大相撲でアマチュア相撲の成績優秀者に与えられる優遇制度「幕下付出(つけだし)」により、幕下10枚目格からプロ入りできる資格を獲得しました。

この資格をGETするまでは、プロの道ではなく、公務員試験を受けてアマチュア相撲の強豪、和歌山県庁に内定をして就職しようとしていた御嶽海関。

しかし、プロの道へ進んでみたいという意思も芽生え始め迷った日々があるのです。

その時のやり取りがこちらです。

でも、自分の子どもだからわかるの。迷っているって。「相撲はどうするの?」と聞いたら、「う~ん」と言う。公務員の試験に受かっても、うれしくないみたいだった。そうしたら、その後、電話がかかってきて、「ごめんね、ママ。やっぱり僕プロに行きたい。パパが反対しても、ママ応援してくれる?」。その時私、すごく涙が出た。あぁ、やっと本当のことを言ってくれた、プロに行きたかったんだなって。だから「もちろん応援するよ! パパとママが、あなたの人生決めるんじゃない。自分の人生だから、後悔しないように自分で選んで」。電話で話しながら、2人で泣きました。

https://fujinkoron.jp/articles/-/982?page=3

迷いをなかなか伝えられなかった御嶽海関の最後のひと押しで「もちろん、応援するよ!」と全面協力の姿勢で答えた御嶽海関のお母さん。電話でのやり取りだけでなく、本当に場所へ行って応援されている姿は頼もしい母親像を感じます。

嶽海関の母・マルガリータさんの深い息子への愛情と優しさ

最近はすごく忙しいから、なかなか上松に帰ってこられない。でも今年6月、移動の途中で寄ってくれました。夜の10時くらいに来て、朝の8時にはもう出なくてはいけない。少ししか会えないけど、それだけで十分、ママは元気になります。バイバイする時、私が「アイ・ラブ・ユー」と言うと、「ミー・トゥ(僕も)」。昔は「アイ・ラブ・ユー」と言ってくれたのに、プロになったら「ミー・トゥ」になっちゃった。(笑)

https://fujinkoron.jp/articles/-/982

普段から、よく「アイ・ラブ・ユー」と息子の御嶽海関に向かって声をかける御嶽海関のお母さんなのです。

愛情表現はとってもストレート。さすが、日本人にはあまり見られない、独特の愛情表現をもって、息子への愛情を示されているんですね。

「アイ・ラブ・ユー」表現については以下のように話されています。

私、人から注意されたんですよ。あまり人前で、息子に「アイ・ラブ・ユー」って言わないほうがいいよって。なんでダメなの? 日本人は気持ちを出さない。でも、ママは恥ずかしくない。本当の気持ちだから。子どもへの愛、直接言ったほうがきっと通じるよ。すると、子どもも親を大事にしてくれる。「言わないで察して」なんて、やっぱり寂しいよ。

https://fujinkoron.jp/articles/-/982

この、愛情表現の通りに、ストレートに「投げキッス」で応援していた愛情表現豊かな御嶽海関のお母さんはこちら。そして、素敵な笑顔ですね。

2018年9月

御嶽海関の活躍を期待しつつ応援する美人ママの姿も楽しみ

御嶽海関の母、マルゲリータさんの美人画像を、御嶽海関を応援している様子や、若かりし美人画像、そして、息子への特別な愛情表現と共に、ご紹介してきました。

これからの活躍がより、楽しみになる御嶽海関を応援していきましょう。そして、その側で愛情表現たっぷりに応援している御嶽海関のお母さんの姿も楽しみにしてみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です