貴景勝のちびっこ相撲の小学校から初優勝までの【かわいい㊙画像あり】美人教育ママ母ぶりも大暴露

貴景勝の小学校時代からの可愛い画像と美人母

相撲界の星・貴景勝。

九州場所千秋楽2018年で見事に初優勝。

22歳にして小結で優勝。

2019年3月の春場所では優勝とでは行きませんでしたが10勝の見事な成績を残しました。

その活躍は情熱大陸や櫻井・有吉THE夜会の出演につながり日常生活のチャーミングな一面や憧れの美人女優登場に照れまくりのかわいい姿も見せてくれています。

そして実は小学生時代のテレビデビュー時代の画像が存在します。

かわいいちびっこ相撲時代から見事初優勝し、更には大関昇進にまで駆け上がっった
凛々しい力士姿までを画像を交えながら貴景勝さんの魅力を振り返っていきましょう。

スポンサーリンク

テレビデビューは「学校に行こう!」のちびっこ相撲

小学校3年生から相撲を初めた貴景勝関。2007年ちびっこ相撲で関西ブロック優勝。

「未成年の主張」の「学校に行こう!MAX」に逸材ちびっこ力士として登場。


体格も大きいのでとても小学校5年生には見えません。強い意志の視線が写真からも伺えます。とっても力強いシコですね。

芦屋育ちの貴景勝関は関西で名門私立のエリート小学校の一つ仁川学院小学校の卒業生。

なんと同級生に医学部進学者が3人もいるそうです。

貴景勝関は幼稚園生にして7つの塾を掛け持ちお受験の末見事名門私立・仁川小学校に合格。名門私立・仁川小学校の玄関には貴景勝の名言の一つ。

「努力すれば夢は叶う」という垂れ幕があります。

地元で応援されている様子が目に浮かびます。

スポンサーリンク

判定負けの空手から相撲に変更

4歳から初めた極真空手。

小学校3年生では全国大会で準優勝するまでの実力。

しかし優勝ではなく判定負け。

この反則判定負けという屈辱の負け方に「判定がある競技はやりたくない」と相撲へ転向。

芦屋市から近い西宮市にある越木岩神社で行われた相撲大会に出場したのが最初です。写真左側が貴景勝関。

厳しい空手師範の父(一哉さん)

空手に精通したお父さん。

「お父さんの勝負に対する執念と協力は凄まじいものがあり二人三脚の毎日の練習ですね。」

と当時の恩師関西奄美相撲連盟会長の一言。

確かに精神力の強そうな目が鋭いお父さん。

お父さんは一族で保育園経営や不動産経営をされています。資産家なんですね。

2018年11月の段階で57歳。

貴景勝関の父・一哉さんのスパルタぶりや職業について詳しく知りたい方はこちらを御覧ください。

大関昇進となった貴景勝関。2019年春場所での優勝は出来なかったものの大関昇進の条件である10勝を見事に達成!その大関昇進の隣には父一哉さんの姿がしっかりとありま...

ちびっこ相撲をする息子に牛乳2Lのノルマを課した美人母(純子さん)

空手をしていて筋肉質。

細身で身のこなしの良い貴景勝が相撲に転向となってお母さんも必死。

牛乳2L飲むことを毎日のノルマと課してみたり炭酸やインスタント食品は禁止にしたりと
お受験ママぶりを発揮されていたとのことです。

そして食事に出かけると450gのハンバーグ3枚メガマック4個とポテトLサイズ4個牛丼特盛3杯が当たり前。

お昼のお弁当では小学生なのにおにぎり15個3500Kcal相当。

ご自宅での手料理では毎日肉類1Kgを貴景勝のためにお料理していたとか。

そんな量の肉を高学年の小学生が食べてるだなんて驚異的です。

食費も肉類のおかずを多くしているので毎月30万円程度だったとのことです。

米を増やして太らすのではなく筋肉の元となるお肉類で増やすとは流石サラブレッドの貴景勝関です。

そんな努力の甲斐あり小学校4年生から6年生の間に30Kgから70Kg まで体重を増やすことに成功。

中学校の修学旅行ではお好み焼き8枚くらいは食べたとか。

修学旅行に行って痩せて帰ってきた貴景勝関をみたお父さんは激怒したそうです。

因みに現在の体重は170Kg、身長は175cm。10年で+100Kg。凄すぎるお受験ママパワーです。

とっても美人と評判で、いわゆる「芦屋のお嬢様」雰囲気を持たれています。つまり美人でお上品ということです。

年齢は2018年11月の段階で51歳。

そのハンバーグのトラウマでしょうか。好きな食べ物は肉と寿司なのに嫌いな食べ物はハンバーグ。肉でできているハンバーグなのですが。

このように貴景勝関は一人っ子で手塩にかけて育てて来られました。

こんなお母さんについての魅力をまとめてみました。

さらに貴景勝関の母さんについてご覧になりたい方はこちらを御覧ください。

美人母としてマスコミでも騒がれている貴景勝関の母・純子さん。確かに本当に美人です。その美人が芦屋マダムであるところから来ています。貴景勝関が昇進したり優勝し...
スポンサーリンク

小学校卒業文集で書いた『8年後の自分への手紙』ビックリ爆笑

お受験をこなしたサラブレッド小学生の貴景勝関は頭脳も明晰。

理想は18歳で十両、20歳で三役、23歳で横綱、優勝は35回以上したいです。」

小学校の卒業文集で既に20になった自分を目標付けていたことには驚きです。仁川小学校でもタイムカプセルに入れて保存敷いていたそうです。小学校時代の担任。

恩師でもある橋本先生から実際の手紙を借りての検証です。「中学を出たら直にプロ入り」とも書いていたそうです。さすが名門仁川小学校の卒業生です。

父親の教え「男とは喧嘩・女の子は助けてあげろ」という教えがあったそです。

「お弁当を忘れた女の子にはお弁当を分けてあげて重い荷物を持った女の子の荷物は持ってあげて休んだ女子のプリントを持っていってあげた」との微笑ましい優しいエピソードもありました。

気になる実際の成績は

高校卒業でプロ入り。20歳で十両。21歳で三役を達成。22歳で小結。大関まであと一歩。

3年プラスするペースで小学生の頃に語った目標を実現されています。本当に素晴らしいマインドです。

「お客さんに喜ばれる好かれる相撲を取りたい。」

小学生の頃から勝負だけでなくスポーツを通してのエンターテナーでありたいと夢と目標を持つだなんて。

本当にしっかりとした賢い貴景勝関です。

「練習が大好きで、泡吹いても、もう一丁」

大きな夢と目標を描くにはそれだけの自信となる基礎をきちんと作り上げています。当時の恩師の会長が語っています。

「練習が好きで、泡吹いてもけいれんをおこしてももう一丁って。こっちがバテましたよ。」

さすがの気合です。

また、当時のお父さんとの二人三脚練習メニューは四股200回腰割100回、ぶつかり稽古50回にタイヤを使った筋力トレーニング。

自宅離れの20mもある廊下で学校が終わったらすぐぶつかり稽古と階段上り。

小学校から鍛えられた強靭な足腰が基礎となって夢を現実にしているのです。

それにしても自宅に離れがあって20mある廊下にお住まいとはやっぱりお坊ちゃまなんですね。番組中の有吉さんの前では家は広くないと謙遜しておられました。

これこそ、真のお坊ちゃまです。

横綱・鶴竜のご両親についてご覧になりたい方はこちら。

2019年大相撲名古屋場所で7場所ぶり6度目の優勝を果たした鶴竜はモンゴル出身の横綱。その鶴竜のお父さんやお母さん、そしてお姉さんはどのような方でどんなお仕事をさ...
スポンサーリンク

中学校・高校からずっとライバル阿武咲関

中学校は相撲を始めた同じ市にある報徳学園中学校。

中学時代には現在のライバルとも言える阿武咲関との取り組みもありました。中学校生活最後の夏の全国中学生相撲選手権大会では優勝して実力を発揮しています。

高校は相撲でも名門の埼玉栄高校。

スポーツ推薦のお声がかかり実家を離れることになりますが相撲で活躍できるエリート高校へ。埼玉栄高校では相撲部専用の寮に入っていました。

高校3年生の時の活躍も記録に残っています。

貴景勝のちびっこ相撲の小学校から初優勝までの【かわいい㊙画像あり】美人教育ママ母ぶりも大暴露

スポンサーリンク

貴乃花親方のもとへ入門

中学を出て直に入門とは行きませんでしたが目標通り貴乃花親方のもとに入門。

そして幕内十両の昇進。

貴景勝関の名前の由来とは

貴乃花親方の「貴」河野景子女将さんの「景」花田勝さんの「勝」

これらの由来だったという憶測です。周囲の期待が伺えるお名前です。

本名「貴信」の由来とは

本名は佐藤貴信さん。お父さんが大相撲好きだったということで当時の横綱貴乃花関の「貴」を名前に。天下統一を成し遂げた織田信長の「信」もお名前に。

「男に生まれたからには天下を取らないとダメだぞ」という男気たっぷりの父親の思いが込められています。

現在の相撲道でのお名前は「貴景勝 光信」です。

スポンサーリンク

ゴタゴタあっての千賀ノ浦部屋移籍

千賀ノ浦部屋に移籍することになりました。

そんなゴタゴタの中でもきちんと稽古を積んで勝利へ。

昇進し続ける貴景勝関強さのドヤ顔大公開

2018年九州場所千秋楽で初優勝。

同時に殊勲賞(3回目)敢闘賞(2回目)を受賞。

この時点での番付は 小結 貴景勝。

2018年12月25日の番付発表で関脇に昇進。

2019年1月初場所の千秋楽で2回目の優勝。

初優勝後の晴れ晴れしたお顔。優勝して鯛を持ち上げる姿もまた凛々しい。


初優勝の会見では優勝の旗と大盃とともにカッコよく輝いています。

ガッツポーズもかっこいい。


2018年12月25日の番付発表で見事関脇に昇進。

目標もバッチリ流石です。


2019年1月初場所の千秋楽で2回目の優勝。同時に初めての技能賞を受賞。

次は勝負に向かうシーンを取りあげていましょう。勝負に向かう前のいつもの集中力を高める仕草。とってもかっこいい気合の顔です。

勝負の前にはジロリとした目つき。気合十分です。


試合というのは荒々しいもの。勝負のあとは髷が長いポニーテールもどきにも。


バシッとかっこいいお姿も。

流血なんても事も。

強さの裏にはキュートなテレ顔

22歳のお誕生日ではケーキをかじろうとする可愛いシーンも。


取り組みが終わってのインタビュー。ペロっと舌がとってもキュート。


相撲にかっても笑わない男ナンテ言われていてもプライベートではきちんと笑ってますよ。

試合に勝っても笑わないのは自分と相撲道に厳しい考えを持つ貴景勝の信念なのでしょう。

子供も大好きだそうです。


赤ちゃんは誰でも癒やしてくれるパワーを持っています。貴景勝関ももちろん癒やされています。

2月5日に放送された情熱大陸ではこんなおちゃめ姿も。


きちんと笑顔だって。相撲では厳しい顔もリラックスすればとってもキュートです。


有吉夜会での映像も大公開。

見逃したかたはたっぷりデレデレでかわいい貴景勝関を御覧ください。今までの相撲の取り組み中の貴景勝関とはぜんぜん違う男らしさも垣間見れます。

気になる好みの女子とは鼻に特徴のある女性だそうです。憧れの芸能人は堀田茜さん。


鼻が美しくて最高っす!と一言。告白されたら結婚したい位だそうです。お姫様だっこをするシーンも。お姫様抱っこシーンは胸板が熱いのでとってもかっこいいですね。

とっても満足そうに抱っこ中。


ほんとにうれしくて満面の笑みです。

もうひとり好きな人はいました。クソすぎてすきな芸人さんのクロちゃん。

さすが神戸っ子の関西人貴景勝関ですね。この方の笑いでストレスを発散できるのだとか。

スポンサーリンク

テレ&デレ顔も魅力の貴景勝関をこれからも応援しましょう。

今までの相撲の取り組みやインタビューでは見ることのできないデレ顔を有吉夜会では披露した貴景勝関もまた魅力的です。

もちろん、初優勝の貴景勝が最もカッコイイのは言うまでもありません。

大関に昇進されて2019年春場所でも活躍される貴景勝関を応援していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です