スタバ12月バターキャラメルミルフィーユラテのカロリー&糖質ランキングは?クレームブリュレ・ジンジャーや定番ラテと大比較!

スタバ12月バターキャラメルミルフィーユラテのカロリー&糖質ランキングは?クレームブリュレ・ジンジャーや定番ラテと大比較!

12月に入り、いよいよクリスマも近い冬が到来し、ワクワクするシーズンが始まりました!

ホリデーシーズン第2弾限定のフラペチーノやラテの販売も始まっています!

ホリデーシーズン第1弾の新作ドリンクは、「バターキャラメルミルフィーユフラペチーノ」&「バターキャラメルミルフィーユラテ」といった芳醇なキャラメル味!

非常に魅力的ではあるのですが、キャラメルって甘い?ので、やっぱりカロリーと糖質が気になってしまいます……。

そこで、今回の記事では「バターキャラメルミルフィーユラテ」やホリデーシーズン限定のラテのカロリー&糖質をご紹介いたします。

そしてそのカロリー&糖質は、定番商品として販売されている「抹茶ラテ」や「スターバックスラテ」とどのくらい違うのか大比較!

2022年12月に楽しめるラテの中でどのくらいの順位なのか、わかりやすいようにランキング形式でお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

【スタバ】ホリデーシーズン第2弾新作バターキャラメルミルフィーユラテのカロリー&糖質は?【2022】

ホリデーシーズン第2弾で販売されているラテは現在4種類、ホリデーシーズン第2弾として登場し、2022年12月25日までの販売となる「バターキャラメルミルフィーユラテ」、去年も登場した「クレームブリュレラテ」と「ジンジャーブレッドラテ」、そして「ジョイフルメドレーティーラテ」の4種類が登場しています。

それぞれのカロリー&糖質がどのくらいなのか、まずはご紹介していきたいと思います。

「バターキャラメルミルフィーユフラペチーノ」に関しては別記事でご紹介しておりますので、そちらをチェックしてくださいね!

バターキャラメルミルフィーユラテのカロリー&糖質は?

エスプレッソとミルクを合わせたラテに、まろやかで香ばしいバターキャラメルソースとカスタードソースを加えました。さらにホイップクリーム、バターキャラメルソース、サクサク食感のフィアンティーヌとパイクラムをトッピングしています。

クリームとパイが何層にも重なり合うミルフィーユをモチーフにした、ホリデーシーズンにぴったりなラテです。まろやかでコクのある味わいを楽しみながら、ゆったり暖まってみてはいかがでしょうか。

スターバックスHp

販売期間:2022年11月29日まで

2022年11月30日から、『バターキャラメルミルフィーユフラペチーノ』と同時に販売がスタートした『バターキャラメルミルフィーユラテ』のカロリー&糖質をご紹介いたします。


エネルギー(Kcal)糖質(g)
ホット43749.0
アイス34742.1
トールサイズのみ

クレープを砕いたサクサク食感が芳醇なバターが香るキャラメルとベストマッチして美味しそう!ですが、やはりとってもハイカロリー!

トールサイズのラテで400Kcalを超えるものは、そう多くないのではないでしょうか。

アイスの方が氷が入る分?カロリー、糖質共に控えめですが、冬はホット派の方もいらっしゃいますよね。

スタバでは、カスタマイズでベースとなるミルクを変更することができます。

ミルクを変更した際のカロリー&糖質は下記の通り。

ホットエネルギー(Kcal)糖質(g)
低脂肪タイプ40449.1
無脂肪乳37050.8
豆乳42642.8
アーモンドミルク38440.8
オーツミルク42953.7
トールサイズのみ
アイスエネルギー(Kcal)糖質(g)
低脂肪タイプ33142.6
無脂肪乳31543.0
豆乳34239.1
アーモンドミルク32138.2
オーツミルク34344.4
トールサイズのみ

無脂肪乳にすると、かなりカロリーを抑えることができますね。

「もう少しカロリーを抑えたい」という方は、ホイップ少量を選びましょう!

糖質も気になる場合は、+55円かかってしまいますがアーモンドミルクへの変更もおすすめです。

「クレームブリュレラテ」と「ジンジャーブレッドラテ」、そして「ジョイフルメドレーティーラテ」も2022年12月は飲むことができます。

こちらについては、ホリデーシリーズ第1弾の記事でご紹介しています!

【スタバ】ホリデーシーズン第2弾12月の新作ラテのカロリー&糖質ランキングは?

期間限定ラテのカロリーや糖質についてお知らせしてきましたが、定番商品として販売されているラテと比べるとどのくらいの高さになるのでしょうか?

それを知るために、定番商品と合わせて、カロリー・糖質の数値をランキング形式でご紹介していきたいと思います。

ラテとティーラテに分けてのランキングになりますが、まずはラテから!

2022年12月に楽しめるホットラテのカロリーランキング

早速、カロリーについてのランキングからご紹介いたします。

エネルギー(Kcal)エネルギー(Kcal)
1バターキャラメルミルフィーユラテ437
2ホワイトモカ401
3カフェモカ399
4ジンジャーブレッドラテ320
5クレームブリュレラテ315
6スターバックスラテ223
7トリプルエスプレッソラテ219
8オーツミルクラテ213
9キャラメルマキアート211
10ソイラテ208
11アーモンドミルクラテ157
トールサイズの場合

期間限定ラテが3つともベスト5位内にランクインしてしまいましたね。

特に「バターキャラメルミルフィーユラテ」はダントツ1位の獲得となりました。

定番の物に比べると、かなり高カロリーということがわかりますね。

2022年12月に楽しめるホットラテの糖質ランキング

いては、糖質のランキングを見ていきたいと思います。

糖質(g)糖質(g)
1バターキャラメルミルフィーユ49.0
2ホワイトモカ46.4
3カフェモカ44.1
4クレームブリュレラテ41.0
5ジンジャーブレッドラテ31.8
6キャラメルマキアート22.5
7オーツミルクラテ21.5
8トリプルエスプレッソラテ21.4
9スターバックスラテ17.4
10ソイラテ9.0
11アーモンドミルクラテ2.1
トールサイズの場合

ここでも、『バターキャラメルミルフィーユラテ』がダントツ1位に輝いてしまいました。

ということで、定番商品に比べてかなり高カロリー&高糖質ということがわかりますね。

カロリーとは4位、5位が入れ替わっているだけで、ベスト5の顔ぶれも変わりませんね。

『クレームブリュレラテ』と『ジンジャーブレッドラテ』もカロリー、糖質共に高めと言えます。

2022年12月に楽しめるティーラテのカロリーランキング

次は、お茶を使用したティーラテのランキングを見ていきましょう♪

まずは、カロリーランキングから!

エネルギー(Kcal)エネルギー(Kcal)
1アールグレイ ティーラテ239
2抹茶ティーラテ225
3チャイティーラテ220
4イングリッシュブレックファストティーラテ184
5ジョイフルメドレーティーラテ181
6ゼロクラウドウーロンティーラテ180
7カモミールティーラテ179
8ほうじ茶ティーラテ162

アールグレイ ティーラテや抹茶ティーラテ、チャイティーラテはシロップが多めに使用されている、というのが理由として挙げられます。

ジョイプルメドレーラテは控えめな甘さで提供されますので、ちょうど真ん中あたりのランキングとなりました。

2022年12月に楽しめるティーラテの糖質ランキング

続いては糖質のランキングです。

糖質(g)糖質(g)
1チャイティーラテ34.234.2
2抹茶ティーラテ33.833.8
3アールグレイ ティーラテ33.033.0
4イングリッシュブレックファストティーラテ25.125.1
5ジョイフルメドレーティーラテ24.724.7
6カモミールティーラテ24.424.4
7ゼロクラウドウーロンティーラテ24.224.2
8ほうじ茶ティーラテ19.519.5

順位こそ多少入れ替わっていますが、上位3位までは変わりませんね。

やはりシップが多めに使われている点が、カロリーだけでなく糖質の高さにつながったようです。

糖質が気になる方はシロップ少なめやノンシロップにしてみるのもいいかと思います。

糖質のランキングも、期間限定商品の『ジョイフルメドレーラテ』は5位になりました。

【スタバ】ホリデーシーズン新作ラテのカロリー&糖質は?【2022】 まとめ

ホリデーシーズン限定で登場した新作ラテについて、定番商品のカロリー、糖質と比較しました。

わかりやすいようにランキング形式にしてみましたが、『バターキャラメルミルフィーユラテ』はカロリー、糖質共にダントツ1位に輝いてしまいましたね。

定番商品と比べて、高カロリー、高糖質であると言えそうです。

『バターキャラメルミルフィーユラテ』をオーダーする時は、カロリーや糖質を抑えるためにミルクを豆乳、もしくはアーモンドミルクに変更するのもありですね。

糖質が気になる方はアーモンドミルクに変更、シロップ少なめをチョイスするのもよさそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。